レンズ千夜一夜

2017年 06月 13日 ( 1 )

1814 神社道(2016年6月16日パンタッカー40㎜F2.3がおぼろに微笑んだみたい)


ドイツの映画用レンズ製作会社アストロ・ベルリンが
1930年代に作ったパンタッカー50㎜F2.3を愛用してきました。

おそらく世界屈指のコレクターであるN氏に尋ねたことがあります。
「最高のレンズって、なんだとお考えですか?」
実に曖昧模糊とした問いですね。
慎重で理屈っぽい人なら、断固、こう答えたでしょう、
「そんな漠然した質問には答えられませんよ」
でも、N氏は即座に、ずばりお答えになりました。

「アストロ・ベルリンのパンタッカーです」

「無一居」( http://www.photo-china.net/column/astro.html)
このサイトで大変に詳しい紹介がなされています。
それによりますと、パンタッカーと一口に言っても、
f1.8、f1.9、f2.3、f2.7、f4.5と5系列のレンズ群が作られたそうです。

N氏がご自分のご意見の根拠に一つをこう説明されました、
「同じ絞りの系列のレンズは全部同じ描写性能なのです」

私が使ったのは、たった4本。
35㎜F1.8、40㎜F2.3、50㎜F2.3、125㎜F2.3
この4本はコーティング、製造年代全部違うようで、
互いに異なった個性、描写性を示します。
とくに変わっているのは40㎜。
ノンコーティングで、ボロボロのレンズを超廉価で入手しました。

ブログ未公開のファイルをチェックしてみますと、
このレンズの撮影フォルダが見つかりました。
リコーGXRに付けて、60㎜レンズとして使っています。
どこかからの帰り道だったようです。
バスから降りて、自宅までの行程を、
普通に歩けば10分程度ですが、24分かけて、
91枚の写真を撮っていました。
34枚選択してみました。
マックの画面で見る限り、まさにボケボケ。
30枚ばかり、一挙にごらん頂きましょう。





b0226423_23125030.jpg
b0226423_23124365.jpg
b0226423_23123681.jpg
b0226423_23123191.jpg
b0226423_23121550.jpg
b0226423_2312723.jpg
b0226423_2312230.jpg
b0226423_2311568.jpg
b0226423_23114747.jpg
b0226423_23113938.jpg
b0226423_23113187.jpg
b0226423_23112672.jpg
b0226423_23112093.jpg
b0226423_23111360.jpg
b0226423_23105641.jpg
b0226423_23105068.jpg
b0226423_2393316.jpg
b0226423_239284.jpg
b0226423_2385212.jpg
b0226423_2384523.jpg
b0226423_2383658.jpg
b0226423_2382548.jpg
b0226423_2381417.jpg
b0226423_238676.jpg
b0226423_2375981.jpg
b0226423_2375268.jpg
b0226423_2374534.jpg
b0226423_2373630.jpg
b0226423_2372816.jpg
b0226423_2372168.jpg
b0226423_2371251.jpg
b0226423_23739.jpg
b0226423_2365569.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-06-13 23:14 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)