レンズ千夜一夜

2017年 04月 21日 ( 1 )

1773 危機を脱する(点滴の行き帰りには一番楽なホロゴンにしてみた)


月曜日から続いた肺炎治療も、運が良ければ、今日が最後。
終わったら、近鉄奈良駅までバスで出て、図書館に行こう、
そんな計画を立てて、バッグに忍ばせたのは、私のベストカップル。

    ソニーα7
    ホロゴン15㎜F8U

まず、レントゲンを撮り、無事点滴も済み、診察室に。
先生、2枚のレントゲン写真を並べて、

  「かなり肺の調子は回復しました。
  でも、もう一回、明日点滴しましょう。
  月曜日には血液検査をして、最終チェックをします」

ああ、もう一回で済むのなら、しかたないな。
先生、私の裏の計画を見抜いたかのように、

  「これほどひどい肺炎はあまりお目にかかったことがありません。
  その責任はみんなあなたにあります。
  自己管理をちゃんとしていない。
  (28.5度もあるのに、朝から晩までの外出を2日続けた!)
  肺炎は目立った症状なしに進行します。
  日々の生活をしっかりと健康的なものにしていたら、
  防げたかも知れません。
  昔なら、40日間入院隔離を当然指示するケースです。
  あと2週間は絶対安静をしてください。」

「奈良町あたりに散歩するのは?」

  「散歩は家の近くを半時間だけにしてください」

がっくり。
「でも、とても回復が早かった感じがするのですが....?」
と、私。
レントゲンはたった4回の点滴を処置した効果です。
ひどい肺炎がたった4回でほとんど治るものでしょうか?

  「そうですね。早かったですね。
  ウィルス性肺炎だったら、ぜんぜん効果がなかったのですから」

受付の女性にそっと尋ねてみました、

「とっても効果的な治療で、先生、とても良い先生みたいですね?」

女性、にっこり笑って、

  「名医として知られている先生です」

名医に巡り会えたのは幸運でした。
そこで、先生の指示にどこまでも従うこととして、
図書館行きは中止して、帰宅しました。

でも、ホロゴンは、往き30秒、還り3分だけそっと使わせて頂きました。
そのほとんど全部の写真を並べてみます。
私がホロゴンで撮りたいものの一つがタペストリーみたいな写真。
「タペストグラフィ」と命名しています。
そんな写真ばっかり撮れました。

ホロゴンウルトラワイドから抜き出したホロゴンは、
私にとっては、眼そのもの。
私の視界全部を写真にしたい、
そうだからこそ、私の体験の忠実な記憶になれる、
私はそう信じているからです。





b0226423_18145595.jpg
b0226423_18143625.jpg
b0226423_1814281.jpg
b0226423_18142182.jpg
b0226423_18141557.jpg
b0226423_1814883.jpg
b0226423_1814035.jpg
b0226423_18125279.jpg
b0226423_18124631.jpg
b0226423_18123436.jpg
b0226423_18122078.jpg
b0226423_18113287.jpg
b0226423_18112483.jpg
b0226423_18111612.jpg
b0226423_18111018.jpg
b0226423_1811411.jpg
b0226423_18105658.jpg
b0226423_18104513.jpg
b0226423_18103880.jpg
b0226423_18102976.jpg
b0226423_18102154.jpg
b0226423_18101484.jpg
b0226423_1810719.jpg
b0226423_1895960.jpg
b0226423_1895074.jpg
b0226423_1894163.jpg
b0226423_1893468.jpg
b0226423_1892657.jpg
b0226423_189174.jpg
b0226423_1891010.jpg
b0226423_189262.jpg
b0226423_1885586.jpg
b0226423_1884783.jpg
b0226423_1883866.jpg
b0226423_1883093.jpg
b0226423_188228.jpg
b0226423_1881462.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-21 20:01 | Hologon15/8U | Comments(0)