レンズ千夜一夜

2017年 04月 09日 ( 1 )

1767 加美(トリプルアナスチグマート25㎜F2.9には使う度に驚かされる)


ああ、大変な発見をしてしまいました。
私の精神になにか問題があるかも知れない!

今回も、加美の路傍でかなり顔の写真を撮りました。
と言っても、顔そのものじゃない、顔に見えるなにか。
こういう現象になんだか名前があったなあ?
そこで、グーグルで「何でも顔に見える」と検索。
たちどころに分かりました、「パレイドリア」でした。
ふーん、そうだった?

二、三の記事に面白い記載。
「最新の研究によれば、特定のパターンから
ありもしない顔や動物、幽霊を見たと信じ込んでしまう人は
神経症傾向の高いということがわかった。」
あーれー、私は神経症傾向が高いのであるか?

とすると、5歳の孫プリンスも同様の性癖を生まれながらにして、
持っている。
つまり、孫プリンスは、哀れ、生まれながらにして、
神経症傾向が高いのだ!

妻に喜んで報告しました。
妻、一笑に付して、
「あなたは神経症傾向が高いのではなく、
人を神経症傾向が高い方向にし向ける人なの」
そんなことはないことは自ら保証しますが、
よく考えてみると、私だって、孫プリンスだって、
「特定のパターンから
ありもしない顔や動物、幽霊を見たと信じ込んでしまう」
わけではなくて、そんな見え方がすることを楽しんでいるだけ。

ついでに、孫プリンスの近況。
金曜日、妻が熱の出た孫プリンスを世話に参りました。
二人でテレビを観ているとき、妻が、「熱測ってみよう」
「8度2分ありました」
「やっぱりね、まだ熱があるね」
孫プリンス、尋ねました、

    「どうして、熱があると分かったの?」

「ほっぺがいつもと違って、ちょっと赤いからよ」
彼、鏡のところに行って、「ほんとだ!」
彼、自分の頭をちゃんと使っていることが分かりますね。

今回も、顔に見えるようなものをかなり沢山アップ。
あなたが、「どこに顔が見えるの? そんなもの見えないよ」
と、戸惑うようであれば、安心してくださいね、
あなたは神経症的傾向が高いわけではない。
でも、それじゃ、私の写真をご覧になっても、戸惑うだけですね。
「こんなもの撮って、なにが面白いの?」
ご安心あれ、そんな方は極めて多いようです。
つまり、正常なのでしょう。

ついでに言いますと、
だからと言って、私が異常というわけでもない。
単に見え方が違うだけですね。
なにはともあれ、あなたとはご縁がないわけです。





b0226423_22311354.jpg
b0226423_2231624.jpg
b0226423_22305366.jpg
b0226423_22304677.jpg
b0226423_22304021.jpg
b0226423_22303350.jpg
b0226423_2230259.jpg
b0226423_2230185.jpg
b0226423_22301031.jpg
b0226423_2230436.jpg
b0226423_22295725.jpg
b0226423_22224854.jpg
b0226423_22223641.jpg
b0226423_22222853.jpg
b0226423_22222115.jpg
b0226423_22221490.jpg
b0226423_2222711.jpg
b0226423_2222192.jpg
b0226423_22215325.jpg
b0226423_22214768.jpg
b0226423_22214080.jpg
b0226423_22213498.jpg
b0226423_22212767.jpg
b0226423_22212140.jpg
b0226423_22211477.jpg
b0226423_222161.jpg
b0226423_222106.jpg
b0226423_22205399.jpg
b0226423_22204518.jpg
b0226423_22203736.jpg
b0226423_22202958.jpg
b0226423_22202162.jpg
b0226423_22201292.jpg
b0226423_2220323.jpg






    後書き

     ラスト部分の浮き彫りは、
     JR加美駅近くの喫茶店の壁面。
     店主の女性が作者です。
     なかなか魅力的なので、幾たびに撮らせて頂いています。
     隠れた芸術家かも?
by Sha-Sindbad | 2017-04-09 23:15 | Tri.Anasti25/2.9 | Comments(0)