レンズ千夜一夜

2017年 03月 10日 ( 1 )

1756 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)8


1930年代から1960年代にかけて、
ライカが写真ルポルタージュの最高の武器として活躍しました。

レンジファインダーのファインダーによるピントの精度は、
焦点距離が長くなるにつれて落ちていきます。
ライカがレンジファインダー用に用意した一番の長玉が135㎜。

200㎜以上はビゾフレックスという一眼レフ装置用に用意されました。
私は使ったことがありません。
L型、M型ライカの利点は手の中にしっとり収まるコンパクトさ。
これを自ら裏切る巨大なアタッチメントなんか、
テリートという凄い描写の望遠レンズを本気で使いたい人か、
ライカ使いの報道プロが仕事に必要がない限り、誰も使わなかったでしょう。

レンジファインダー用の135㎜レンズも極めて優秀なのですが、
私は使いませんでした。
開放でしか撮らない私には、近接で撮ったときのピント精度の悪さと、
パララックスの大きさのどちらでも苦労することが明らかだったからです。

ソニーα7なら、この両方の問題が一挙解決。
フローライトアポクロマート135㎜F2.4でもタンバールでもオーケー。
オートフォーカス常用の皆さんには想像が付かないでしょうけど、
生涯オートフォーカスなんか使うものかと決心している私です。
こうして最近接の開放写真を並べていると、
我ながら、ちょっと感動してしまいます。





b0226423_15173139.jpg
b0226423_15172566.jpg
b0226423_15163141.jpg
b0226423_1516245.jpg
b0226423_1516187.jpg
b0226423_15161220.jpg
b0226423_1516562.jpg
b0226423_15155895.jpg
b0226423_151552100.jpg
b0226423_15154682.jpg
b0226423_15154043.jpg
b0226423_15153364.jpg
b0226423_15152625.jpg
b0226423_15151951.jpg
b0226423_15151380.jpg
b0226423_151562.jpg
b0226423_15145117.jpg
b0226423_15144529.jpg
b0226423_15143895.jpg
b0226423_151432100.jpg
b0226423_15142548.jpg
b0226423_1514182.jpg
b0226423_15141037.jpg
b0226423_151445.jpg
b0226423_15135324.jpg
b0226423_15134688.jpg
b0226423_15134050.jpg
b0226423_15133494.jpg
b0226423_15132824.jpg
b0226423_15132121.jpg
b0226423_15131576.jpg
b0226423_1513775.jpg
b0226423_15125887.jpg
b0226423_15125014.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-10 16:07 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)