レンズ千夜一夜

2017年 03月 08日 ( 2 )

1755 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)7 蛍石


フローライト(蛍石)って、なんだか魅力的ですね。
フローライトアポクロマート135㎜F2.4の一番前の大きな玉、
これが蛍石なんだそうです。

キャノンのサイトから引用させていただきましょう、

「長い間実用化が不可能だといわれてきた蛍石レンズもその1つです。
蛍石は色収差が極小という理想的な特性をもちますが、
通常の光学ガラスでは得られない鮮やかで繊細な描写を実現するため、
どうしても蛍石をレンズに使いたいという想いが技術者にはありました。
その想いが結実して、ついに蛍石の人工結晶化に成功。
さらに、それまでの光学ガラスのような研磨ができないデリケートな素材に、
通常の4倍の時間をかけて研磨する特殊加工技術を開発。
1969年、世界初の蛍石採用レンズを世に送り出します。
しかし、蛍石は極めて高価であるので、
キヤノンはより多くのレンズで色収差補正を実現するため、
屈折率・分散特性ともに蛍石に近い特性の硝材を開発。
1970年代後半には、この硝材を使用したUDレンズの実用化に成功します。」

本レンズの1枚目の蛍石レンズはこのキャノン開発のものと思われます。
本レンズの外観上の最大のポイントがこの1枚目レンズの大きさ、美しさ。
蛍石レンズを使うことによって、どんな効果がもたらされたのか?
これは私にはまったく分かりません。
キャノンの記載によれば、次の2点のようです。
① 色収差が極小という理想的な特性
② 通常の光学ガラスでは得られない鮮やかで繊細な描写
本レンズの写真をすでに何百枚と見てきましたが、
本当にその通りじゃないかな、という感じがします。

蛍石を使っているという伝説のレンズがマクロスイター50㎜F1.8。
そう言えば、本レンズもマクロスイターにちょっと描写が似ているかな、
そんな感じもしてきました。
どうやら、このレンズ、
生まれながらにして、伝説のレンズになるべき運命かも?





b0226423_22321861.jpg
b0226423_22321050.jpg
b0226423_2232453.jpg
b0226423_22315793.jpg
b0226423_22315076.jpg
b0226423_22314387.jpg
b0226423_22313740.jpg
b0226423_22313121.jpg
b0226423_2231880.jpg
b0226423_22305949.jpg
b0226423_22305166.jpg
b0226423_2230443.jpg
b0226423_22303884.jpg
b0226423_22303293.jpg
b0226423_22302585.jpg
b0226423_22301929.jpg
b0226423_22301286.jpg
b0226423_223049.jpg
b0226423_22295842.jpg
b0226423_22295087.jpg
b0226423_22294238.jpg
b0226423_22293616.jpg
b0226423_22292827.jpg
b0226423_22292239.jpg
b0226423_22291566.jpg
b0226423_2229955.jpg
b0226423_2229253.jpg
b0226423_22285242.jpg
b0226423_22284547.jpg
b0226423_2228382.jpg
b0226423_22283254.jpg
b0226423_22282471.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-08 22:33 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1754 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)6 知らんぷり



今朝、インターフォンが鳴ったので、出てみました。
60年配の紳士とその向こうに女性。
「エホバの証人から参りました」
私は完全無信仰なので、お付き合いするつもりは皆無、
「ご苦労様。
私は信仰が違いますので、結構です」
「いえ、宗教の話ではなくて..........」
じゃ、なんの話なの? と聞いてみたい気持ちはありましたが、
朝早くお付き合いする余裕も気持ちのないので、
「結構です」と切りました。

現代では、欧米世界でもキリスト教は名ばかりになりつつある、
本気で神を信じる人はほとんど居ない、
みんな信じるふりをしているだけ、
そうよく読みます。
日本は昔から「葬式宗教」、安全策としての習俗宗教が主体でした。

あなた、神を信じますか?
死後の世界、天国と地獄を信じますか?
私は信じません。

わずか数十万年ないしは数万年、ホモサピエンスとして地球上に棲息し、
近頃ようやく全地球を征服したと思うと、もう破壊にかかっている、
そんな種のために、神はこの全宇宙を創造された?

なぜか人類が出現する前に数限りない種が地球上に進化し、
恐竜と来たら、一億数千万年も地球を文字通り支配し、
まだ全貌が明らかではない、限りない進化を繰り広げました。
人類よりもはるかに手厚い保護、介護を神様から受けた感じ。
幾度もの災厄が地球を襲って、その都度種はほとんど全滅しました。
神様、なにをどう考えて、そんな無駄をなさったのでしょうね?

試行錯誤?
すべてを見通し、すべてを創造される神様が試行錯誤?
キリスト教の神様、アブラハムやイサクには幾度も姿を見せ、
親しく保護の手を差し伸べておられたのに、
その後はとんとお見限りで、
御子のイエスが死と信仰の危機に瀕して、神に祈りを捧げても、
ウンともスンとも答えなし。
十字架に釘付けされた瞬間に、ユダヤの観衆を前にして、
天使を降臨させて、やさしくイエスを救いだし、天に昇る、
そんなことは至極簡単だし、そうすることで、
イエスが神の御子であることを証明して、
地上に信仰の王国を創造することができたのに、知らんぷり。
その後は、ただの野望の輩がキリスト教国の御旗の下に、
果てしなく殺戮、非道を繰り返しても、知らんぷり。
地球上の自然を荒らしまくり、種という種を全滅させつつあり、
自らも文明が始まってせいぜい1万年程度なのに、
地球環境を破壊して自滅しそうになっているのに、知らんぷり。

こんな風に考えますと、私には、神が存在して、
人類の創造に関わられたとしても、全宇宙のさらに重大事を選択して、
人類のことなど気にもなさっていない、そう結論付けたくなります。

でも、エホバの証人の信者さんたち、
朝早くから布教活動にいそしんでおられる。
私には絶対に理解も到達もできない心境です。

エホバの証人さんたちもキリスト教の神父さん、牧師さんたちも、
そろって、地球上に今起こっていることはすべて、
神が人類に与えられた試練であり、
固い信仰だけがこの試練に打ち勝つ方法なのです、
そう異口同音におっしゃって、
私の上記のような疑問など、にっこり笑って、却下されるでしょうね。

バベルの時代のように、
現代も、人間には互いに理解しあえる言葉がないのかも知れません。
その結果、バベルはどうなったか?
私たちは知っています。
じゃ、現代の人類はどうなるだろう?
私には答えは一つしかないと思えます。

朝っぱらから、こんな暗いことばかり考えてしまう、
いけませんね。





b0226423_10431423.jpg
b0226423_1043895.jpg
b0226423_10425771.jpg
b0226423_10425036.jpg
b0226423_10424499.jpg
b0226423_10423994.jpg
b0226423_10423260.jpg
b0226423_10422713.jpg
b0226423_10422112.jpg
b0226423_10421422.jpg
b0226423_1042985.jpg
b0226423_1042358.jpg
b0226423_10415670.jpg
b0226423_10415069.jpg
b0226423_10414143.jpg
b0226423_10413622.jpg
b0226423_10413033.jpg
b0226423_10412298.jpg
b0226423_10411467.jpg
b0226423_1041592.jpg
b0226423_1040584.jpg
b0226423_10405210.jpg
b0226423_10404724.jpg
b0226423_10404087.jpg
b0226423_10403461.jpg
b0226423_10402639.jpg
b0226423_10402094.jpg
b0226423_1040995.jpg
b0226423_1040240.jpg
b0226423_10395570.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-08 11:36 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)