レンズ千夜一夜

2014年 08月 18日 ( 1 )

1106 ルネサンス!(ホロゴン15mmF8Mがソニーα7で新たな生涯を刻み始めた)



今日、大阪平野で試してみました。

    ソニーα7で「電子先幕シャッター」を切にして、
    ホロゴン15mmF8Mを使ってみたのです。

どんぴしゃり、本当に黒つぶれが無くなりました!

ただし、露出補正はなぜか一層シビアになりました。

    マイナス2にしていたのはちょっとまずかったようです。
    全ショット、ほとんど真っ暗なのですから。

でも、いいでしょう。
私ごのみの暗い写真になるのですから。

一枚だけごらん頂きましょう。


b0226423_18543776.jpg






半逆光状態では、残念ながら、かなり色が暴れます。
解決策は今のところ2つしかないようです。

    ① モノクロームにする。
    ② 気にしない。

    私としては、今さらモノクロームに戻るつもりはありません。
    色が好きで、さまざまなレンズの色彩描写の違いを楽しんでいるのに、
    その楽しみを奪われてなるものか、というところ。
    ②の「気にしない」をもちろん採用することにします。

皆さんにはもう一つの選択肢があります。

    ③ 見ない。
    嫌な人は見なければよいのですから、ご遠慮なく。


いずれにせよ、ホロゴン15mmF8Mを心おきなく使えます。
ホロゴン15mmF8Mには、新たなレンズ人生を歩んでもらいましょう。
by Sha-sindbad | 2014-08-18 19:03 | Hologon15/8 | Comments(0)