レンズ千夜一夜

1851 夜の宿場町(2011年12月24日ズミルックス35㎜F1.4はなぜか草津に居た)2

 
前回書いたコンサートのサウンドレベルのお話の続き。

いたたまれずに席を立ったのは、どうやら私一人でした。
極限レベルにアップして聞こえた席は少なく、
会場のほとんどの皆さんには適当なレベルだったのかも知れません。
もしかすると、スピーカーの音が交錯する私の席でのレベルを、
私でも耐えられるレベルに下げると、他の席ではおとなしすぎて、
とても盛り上がらないことになるのかも知れません。

私が映画館に行ったのははるか7、8年前。
なんの映画だったのかも忘れてしまいました。
突如、阿鼻叫喚の破壊音とともに、
ティラノザウルスがビルを真っ二つに破壊して出現する、
そんなシーンだけ記憶しています。
小津安二郎のシネマに慣れた人間にはなんとも違和感。

でも、その猛烈大音響に耐えることができました。
おそらく、映画館の壁面全体に埋め込まれた多数のスピーカーが、
観客席全体に偏りのない音響効果を与えるように、
サラウンド処理が施されていたので、
そんなに耐え難いほどの大きな音圧ではなかった?

でも、それ以来、映画館とはすっかりご無沙汰になったのは、
要するに、映画になんの内容もなかったから。
コンピューターの手が入れば入るほど、人間味を失い、
私の心から離れて行ってしまうようです。

ズミルックス35mmf1.4で撮る夜の草津宿。
ライカM9は、同じMでも、すでにカメラよりは、
コンピューターの色彩の方が強くなっている、
そんな感じがします。

感度を上げることで夜間でも撮れるのですが、
夜間撮影用の設定があるのかもしれませんが、
私には分からないので、撮影結果は、お昼間と一緒で、
まるでお日様に照らされているかのように明るい光景。

そこで、露出をマイナス2に補正し、
さらに、ブログに掲載する際に、夜間らしく補正。
そんな風に手を加える必要があるのも、どこか不自然。

でも、銀塩フィルムを使ったことがない人は、
デジタルカメラの夜間写真に不自然さなど感じないようです。
人間の感覚そのものが変わっていくのでしょう。





b0226423_1503459.jpg
b0226423_1502427.jpg
b0226423_1501889.jpg
b0226423_1501061.jpg
b0226423_150462.jpg
b0226423_14595090.jpg
b0226423_14594426.jpg
b0226423_14593654.jpg
b0226423_14592927.jpg
b0226423_14592325.jpg
b0226423_14591635.jpg
b0226423_145993.jpg
b0226423_1459314.jpg
b0226423_14585632.jpg
b0226423_14584595.jpg
b0226423_14583836.jpg
b0226423_14583227.jpg
b0226423_1458262.jpg
b0226423_14581685.jpg
b0226423_14581053.jpg
b0226423_145848.jpg
b0226423_14575357.jpg
b0226423_14574625.jpg
b0226423_1457405.jpg
b0226423_14573142.jpg
b0226423_14572626.jpg
b0226423_14572057.jpg
b0226423_1457920.jpg
b0226423_1457475.jpg
b0226423_14565730.jpg
b0226423_14565047.jpg
b0226423_14564296.jpg
b0226423_14553382.jpg
b0226423_14552482.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-06 15:01 | Summilux35/1.4 | Comments(0)