レンズ千夜一夜

1802 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 5



キノプラズマート20㎜F1.5を使っていると、
不思議な感じに襲われます。

ご承知のように(というのは、言葉の綾)、
ご承知でない方ばかりでしょうけど、
私はレンズを使うとき、99パーセント、開放一本槍。
人間の個性や癖はどんなときに出ますか?
本人が自意識を持たないとき、ふとした瞬間に、ですね。
レンズもそれと同じ。
レンズの個性、本質、真実の姿が出るのは、開放のときだけ。
レンズの欠陥、欠点、悪い癖が出るのも、開放のときだけ。
そうではないでしょうか?
だから、開放が面白いのです。

奈良町でこのレンズがどんな写真を撮ったか?
これをじっくり観て行くと、面白いことが分かりますね。
このレンズの開放描写って、開放とは思えないほどに重厚で、
像、イメージに厚みがあります。
でも、前後のボケ味は紛れもなく大口径レンズの味。
このまるで二律背反するような、でも、
このレンズを極上のビンテージに高めてくれる特質が、
どの写真にも顕われています。

私が持っている25㎜以下のキノプラズマートというレンズ、
たいてい、時折、どこか腰の弱さ、儚さのような雰囲気を見せます。
ところが、20㎜はそんな雰囲気と完全に無縁。

Olympus EP-L1で使うので、実質上、40㎜レンズ。
不思議ですね。
今盛んに試写を繰り返している宮崎貞安さんのニューレンズ、
Histrio-Prot40mmF6.3とまったく同じ焦点距離です。
その原型のプロターもキノプラズマートも設計者は同じ、
パウル・ルドルフ博士ではありませんか?
そのせいでしょうか?

そして、今、気づきました。
開放値はぜんぜん違うのに、描写性にかなり似たところがある、
そんな感じがする?
いかがでしょうか?
私の勝手な思いこみでしょうかねえ?





b0226423_225858100.jpg
b0226423_22585225.jpg
b0226423_22584674.jpg
b0226423_2258395.jpg
b0226423_22583210.jpg
b0226423_22582672.jpg
b0226423_22581924.jpg
b0226423_22581366.jpg
b0226423_2258727.jpg
b0226423_2258065.jpg
b0226423_22575413.jpg
b0226423_22574796.jpg
b0226423_22574136.jpg
b0226423_22572892.jpg
b0226423_2257213.jpg
b0226423_22571552.jpg
b0226423_2257947.jpg
b0226423_2257331.jpg
b0226423_22565658.jpg
b0226423_22565083.jpg
b0226423_22564346.jpg
b0226423_22563573.jpg
b0226423_22562836.jpg
b0226423_22562215.jpg
b0226423_22561694.jpg
b0226423_22561044.jpg
b0226423_2256466.jpg
b0226423_22555716.jpg
b0226423_22555076.jpg
b0226423_2255438.jpg
b0226423_2255367.jpg
b0226423_22552838.jpg
b0226423_22552010.jpg
b0226423_22551219.jpg
b0226423_2255320.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-25 23:18 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)