レンズ千夜一夜

1798 元町の春(2017年4月8日神戸元町とダルメイヤー25㎜F1.9、ともに歌った)


ピカソの生涯の作品数は軽く10万点を超えているのだそうです。
どうやら、インスピレーションによってアイデアが浮かび、
じっくりと構想を練って、やおら製作に取りかかったなんてことは、
なかった!

垂直に立てた透明アクリル板の向こうにピカソが座り、
バンバン描きまくっては消し、消しては別の絵を描きまくる、
そんなシーンが撮影されていました。
絵を描くことはまるで呼吸することだったのです。
我描く、故に我あり。
そんな画家だったのでしょう。

私は芸術家じゃなくて、ただの写真好きですが、
ピカソのように、撮りたいですね。

私の初期の写真の師匠は写真家田島謹之助ですが、
彼はよく言ったものでした、
「良いシーンに出会ったとき、カメラを向ける前に、
どんな写真になるか、どんな写真を撮りたいか、
分かってなきゃダメですよ」
私のように、「わっ、いい!」、そう思った瞬間に、
いきなりシャッターを落としてしまう、そんな人間は、
所詮、田島さんの不肖の弟子に終わる運命でした。

それからずっと私の撮り方は変りません。
でも、私が田島さんの勧めどおりの写真家になった、
なんて可能性はいくら考えてもありません。
ロボグラフィに出会った瞬間にシャッターを落とす、
その醍醐味こそ、私の写真の喜びなのですから。
その結果どんな写真が撮れるか?
そんなことはどうでもいいじゃない?

そんな私に神戸の町は楽しいですね。
奈良、大阪では出会えない、そんなシーンが一杯。
4月8日は神戸アブニールコンサートの日でした。
そんな日でもカメラを持参して、
リハーサルの前後に48枚撮りました。

ダルメイヤー25㎜F1.9付きオリンパスEP-L1。
ペッツヴァールだと言われている廉価版Cマウントレンズ。
でも、ロボグラフィ適性は抜群です。

私の友人の一人は言い切ります、
これ一本あればいい!
私はそこまで言い切る自信はありませんが、
なにかの災害で、このレンズ一本だけが残されても、
一生写真を楽しむ人生を送れるだろう、
そんな確信はあります。





b0226423_1754595.jpg
b0226423_17545167.jpg
b0226423_17544554.jpg
b0226423_17543863.jpg
b0226423_17542399.jpg
b0226423_17541676.jpg
b0226423_17541025.jpg
b0226423_1754398.jpg
b0226423_17535453.jpg
b0226423_17534717.jpg
b0226423_17534168.jpg
b0226423_17533382.jpg
b0226423_17532797.jpg
b0226423_17531883.jpg
b0226423_17531262.jpg
b0226423_175341.jpg
b0226423_1752588.jpg
b0226423_17525125.jpg
b0226423_17524411.jpg
b0226423_1752364.jpg
b0226423_17523040.jpg
b0226423_17522330.jpg
b0226423_17521748.jpg
b0226423_1752944.jpg
b0226423_1752356.jpg
b0226423_17515652.jpg
b0226423_17515035.jpg
b0226423_17514356.jpg
b0226423_17513724.jpg
b0226423_17512958.jpg
b0226423_17512275.jpg
b0226423_17511462.jpg
b0226423_1751556.jpg
b0226423_17505124.jpg
b0226423_17503688.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-16 17:56 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(0)