レンズ千夜一夜

1787 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 2


プロ、アマを問わず、写真家の皆さんが重んずることはなにか?
それは、おそらく、独創性でしょう。
誰も真似のできない、そして、誰の真似でもない、
独自の作風、作品群を確立すること!
そして、かなりの方は、自分にはそれができている、
と、自負されていることでしょう。
私のような部外者に言えることは、
1に、「ご苦労様」、
2に、「それにしては、ぜんぜん面白くないですねえ」

このあたりについて、私は完全な安全圏に居ます。
まず、写真家なんかになりたいと思っていない。
そして、「独創性って、なんのこと?」
私は、自分の写真が独創的なんだろうか?
なんて、ちらっとも考えたことがありません。

今毎夜楽しんでいる韓流ドラマは、
「ドリームハイ」
韓国のポップス界のスターを目指す音楽学校の生徒たち。
やり手の興行師が、その一人にこう言います、
「駄目なんだよ、この世界では、
才能がないのに、努力だけではい上がろうとしても。
持って生まれた才能で決まってしまう。
あんたにはそれがないんだよ」
私もまたそう思います。
アートの世界では、まず才能が大前提。
一流になるためには、その上に努力が必要でしょう。
でも、大前提を欠く人間はどんな努力しても、
限界があります。

私は、それほど目の見えない人間でもないので、
さっさと見切りを付けました。
でも、才能がなくても、写真を楽しむことはできます。
そこで、誰でも撮れるような撮り方で、
撮りたいと思ったものを撮っているだけ。
ちょっと変わっていると言えば、
そうやって撮るものが、
誰も撮りたがらないものだということだけ。
これは関心の方向。
才能とはなんの関係もありませんね。




b0226423_10514469.jpg
b0226423_10513740.jpg
b0226423_10513127.jpg
b0226423_10512595.jpg
b0226423_1051185.jpg
b0226423_1051779.jpg
b0226423_10505964.jpg
b0226423_10505181.jpg
b0226423_10504465.jpg
b0226423_10503693.jpg
b0226423_10502928.jpg
b0226423_10502347.jpg
b0226423_10501626.jpg
b0226423_1050759.jpg
b0226423_10495943.jpg
b0226423_10495110.jpg
b0226423_10494331.jpg
b0226423_10493567.jpg
b0226423_10492793.jpg
b0226423_10491656.jpg
b0226423_1049979.jpg
b0226423_1049245.jpg
b0226423_10485594.jpg
b0226423_10484658.jpg
b0226423_10483849.jpg
b0226423_10482958.jpg
b0226423_10482124.jpg
b0226423_10481394.jpg
b0226423_1048548.jpg
b0226423_10475721.jpg
b0226423_10474842.jpg
b0226423_10474167.jpg
b0226423_10473362.jpg
b0226423_10472469.jpg
b0226423_10471197.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-04 14:19 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)