レンズ千夜一夜

1779 号外!!(肺炎なおると、宮崎さんからプロターが届いた!)Part 2

宮崎さんから送られてきたプロター40㎜のプロトタイプは、
絞りは、回転部分に赤点一つだけなので、
絞り羽根をのぞき込んで、開放を設定するほかはありません。
距離計はヘリコイドリングと本体に各赤点一つ。
両赤点を合わせると、無限遠です。
ただそれだけ。
ただし、距離については、ライカ風にレバーが付いているので、
レバーの位置である程度距離を設定できます。
この簡素さが返ってそれが黒備えの武者の精悍な面構えらしい。

開放が6.3とかなり暗いので、ソニーα7の液晶もちょっと暗め。
でも、ピント合わせは軽くできますし、
第1、本当はピント合わせなど不要です。
2mあたりに合わるだけで、大抵の被写体は被写界深度に入ります。

撮りつつ前進し、20分ほど経過したところで、帰途につきました。
宮崎さんはこう説明しておられます。

  「近代のガウス・テッサーを上回り、
  アポレンズに優る、2-4Pのシンプルな形と全面マルチコートで、
  清純な美しい発色が得られる。」

  「開放で十分なコントラスト、解像を有し、
  f8で70%、f11では100%回折限界に至る」

  「当レンズは、マクロレンズとして大変勝れています。
  ディストーション、距離による収差の劣化が少なく、理想的です。
  パンケーキ状のコンパクト、超軽量にデザインされて、
  スナップ、風景にお勧めします」

ゾンネタール50㎜F1.1、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4、
これらの超大口径のファンタジーレンズの後に、
宮崎さんは見事なバック転を決めて、
どっしりとしたリアリティをつかみ取るレンズをお作りになった。
このあたりの柔軟性と跳躍力が、
宮崎貞安さんのレンズ制作者としての独創性につながっている、
そんな感じがします。

f8の絞りを常用されている方なら、f6.3の開放にしたままで、
絞りのことなど忘れて、自由に撮ることができます。
昨日の筆下ろしの残り32枚をごらん頂きましょう。
プロターの作例はあまり沢山見たことがありませんが、
いかにもそれらしい豪快な描写。
フードは同梱されていませんでしたが、
フードなしでも、まるで不便を感じませんね。
ぜんぜん硬くないのです。
まさにクラシックレンズの醍醐味。




b0226423_18253424.jpg
b0226423_18252956.jpg
b0226423_18251975.jpg
b0226423_1825941.jpg
b0226423_1825127.jpg
b0226423_18245131.jpg
b0226423_1824402.jpg
b0226423_18243383.jpg
b0226423_18242474.jpg
b0226423_18241723.jpg
b0226423_18241032.jpg
b0226423_1824198.jpg
b0226423_1823543.jpg
b0226423_18234536.jpg
b0226423_1823377.jpg
b0226423_18233021.jpg
b0226423_1823239.jpg
b0226423_18231482.jpg
b0226423_1823622.jpg
b0226423_18225734.jpg
b0226423_18225086.jpg
b0226423_18224337.jpg
b0226423_18223683.jpg
b0226423_18222834.jpg
b0226423_18222235.jpg
b0226423_18221687.jpg
b0226423_1822893.jpg
b0226423_1822139.jpg
b0226423_182153100.jpg
b0226423_18214585.jpg
b0226423_1821343.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-26 20:06 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(2)
Commented by yoshipass at 2017-04-27 00:20
肺炎完治ですね。
おめでとうございます!
写真の写りも、濁りのない素晴らしいものですね。
これはあながちレンズ性のだけの効果ではなく、
ホロゴンさんの健康状態も投影しているのでしょうね。
おじいさんなんかに見えない(〇〇おじいさん?)ホロゴンさんですが、当分油断せずご自愛を!
Commented by Sha-Sindbad at 2017-04-27 14:55
yoshiさん
ありがとうございます。
病み上がり(と言っても、ほとんど病気の感覚なしで済みました)に、ニューレンズは最高のカンフル注射です。
おかげで、毎日散歩に出かけています。
お互い元気で長生きして、ずっとブログを続けましょうね。
友人たちのブログが元気、
それが一番の長生きの源になりそうです。