レンズ千夜一夜

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)5 一瞬ごとに

近頃熱狂的に試写していましたニューレンズ、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4を、
一昨日、宮崎貞安さんにお返ししました。
A4試写プリント10枚と4回分の試写データ全部を付けて。

「ホロゴン、命」という、超広角一辺倒の私が、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4だ、
タンバール90㎜F2.2だ、
エルマジ95㎜f2.4だ、
と、望遠系に心を奪われるというのも、
人生は面白い構図で展開してくれるものです。
人生って、本当にいろいろ意外なことが起こるものですね。

別ブログを「わが友ホロゴン、わが夢タンバール」と名付けたのも、
私の心の中に、望遠系にも心が傾く自分自身を感じ取っていたのかも?

今回のフローライト騒動で、かなり分かってきたことがあります。
私の心の動き方。
どなたもそうかも知れませんが、一貫性などまるでない!
それは私の写真観のせいのようです。

あなたにとって、あなたの写真はなんですか?
   人生の証し?
   人生の里程標?
   それとも、憂さ晴らし?

私にとって、私の写真は?

   思いがけない出会いの記録

向こうから挨拶するまでもなく、
私から挨拶するするまでもなく、
出会い頭にいきなりばったり出会って、

   「やあ、こんにちわ!
   奇遇ですねえ。
   あなたのような存在がこの世に生きていたなんて!」

   「なにをおっしゃる、ウサギさん、
   こちらこそ、あんたのような奇態な写真好き、
   このあたりに来たこと、ありませんよ!」

この世でタダ一つの存在、
私はそんな存在が大好きなのです。
一人一人の人間も実はそんな存在なのです。
でも、ご本人はそれに気がついていないだけ。

なにも非凡だ、と言っているのではありません。
どんな人のその人ただ一人の人生を、日々、毎瞬毎瞬、歩んでいます。
その瞬間瞬間を、この世でただその時にしかない貴重な瞬間と思うか?
そう思わないか、これはご本人の自由です。

少なくとも、私はそう思いたいし、そう実感しながら生きたい。
なにも一瞬ごとになにか変わったことをしろ、というわけではない。
その瞬間が二度とないことを噛みしめながら生きたい。
そう感じる瞬間こそ、私は本当に生きている、そう実感できる、
そうではありませんか?




b0226423_1758926.jpg
b0226423_1758235.jpg
b0226423_17575678.jpg
b0226423_17574995.jpg
b0226423_17574223.jpg
b0226423_17573427.jpg
b0226423_17572774.jpg
b0226423_1757215.jpg
b0226423_17571539.jpg
b0226423_1756534.jpg
b0226423_17564780.jpg
b0226423_17563235.jpg
b0226423_17562583.jpg
b0226423_17561939.jpg
b0226423_17561231.jpg
b0226423_1755531.jpg
b0226423_17542960.jpg
b0226423_17542345.jpg
b0226423_17541697.jpg
b0226423_1754838.jpg
b0226423_1754084.jpg
b0226423_17535433.jpg
b0226423_17534782.jpg
b0226423_17534151.jpg
b0226423_17533481.jpg
b0226423_17532822.jpg
b0226423_17525626.jpg
b0226423_17525069.jpg
b0226423_17524379.jpg
b0226423_1752357.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-01 17:59 | Thambar90/2.2 | Comments(0)