レンズ千夜一夜

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)4 頂点

こうしてタンバールを使ってみたのは、
現在試写中のフローライトアポクロマート135㎜F2.4との対比のため。

タンバールこそは、私の愛するNo.2のレンズ。
やっぱり、私好みのすばらしい描写。
ソニーα7にひたすら感謝。
ライカM9だと、基線長が短すぎて、
135㎜レンズなんか使い物になりません。
そこで、こうしてブログに掲載しつつ、うっとり。

実は、今日、宮崎さんにお見せするために、
フローライトの写真をA4に7枚プリントしたのです。
その7枚を並べて見ると、
「いや、こちらもすごいじゃないか!」

ゾンネタール50㎜F1.1と並んで、
現代的クラシックレンズの極致、
そして、タンバールとの対比をしたくても、
この2本はまったく比較対照の域を絶している、
これが私の結論です。

ハリウッドの偉大な女優たちのようです。
グレタ・ガルボも美しい。
でも、イングリット・バーグマンも美しい。
ヘプバーンも最高だし、
マリリン・モンローも絶対最高。
つまり、みんな最高!
(現代の世界中の女優たちはみんな落第です!
日本の女優なんて、ぜんぜん区別がつかない。
個性というものが浮かび上がってこないのです。
どこが、スター?)

レンズの場合、大抵の場合は、優劣はつきます。
でも、優劣の比較を絶している名レンズもかなり沢山あります。
欠点もまた魅力に通じるのですから、怖い。
レンズ特性なんかで優劣を云々する人は、本当にレンズを愛しているんだろうか、
私ははっきり疑ってしまいます。

マクロスイターもゾンネタールもレンズ山系のピークに立っています。
そんな頂点に突っ立つレンズに私はかなり沢山出会ってきましたが、
この2本はそんな伝説的レンズたちの系譜に直接繋がっている、
そう、私は信じています。




b0226423_2255915.jpg
b0226423_2255317.jpg
b0226423_22545626.jpg
b0226423_22545074.jpg
b0226423_22544329.jpg
b0226423_22543780.jpg
b0226423_22543048.jpg
b0226423_22542416.jpg
b0226423_22541819.jpg
b0226423_22541163.jpg
b0226423_2254467.jpg
b0226423_22535885.jpg
b0226423_22535287.jpg
b0226423_22534555.jpg
b0226423_22533990.jpg
b0226423_22533349.jpg
b0226423_22532672.jpg
b0226423_22531952.jpg
b0226423_22531260.jpg
b0226423_2253559.jpg
b0226423_22525956.jpg
b0226423_22525278.jpg
b0226423_22524591.jpg
b0226423_2252375.jpg
b0226423_22523114.jpg
b0226423_22522542.jpg
b0226423_22521917.jpg
b0226423_22521247.jpg
b0226423_2252628.jpg
b0226423_22515942.jpg
b0226423_22515291.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-29 22:56 | Thambar90/2.2 | Comments(0)