レンズ千夜一夜

1749 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)1 予感

このブログで今までやったことのないことをします。
10回シリーズ約300枚すこしを一気に並べてみます。
フローライトアポクロマート135㎜F2.4、
この一本のレンズの魅力を解明してみたい。

でも、おそらく無理です。
良いレンズはいつも私がそうだと理解した以上の存在だったから、
そして、この宮崎貞安さんのレンズはそんなレンズだと予想するからです。

すべて開放で、
かなりの写真が最短撮影距離でのロボグラフィ。

ボルヘスは神はこの世界のどこかに、
たとえば、ジャガーの毛皮の紋様の中に隠されている、
そう信じていました。
(彼自身そう信じていたと、私が信じるだけですが、
私の直感はたいてい当たりますので)

そんなボルヘスが視力を失ったのは大いなる悲劇だったかも?
それでも、私は、彼が神をどこかに見いだすことができた、
そう信じています。
神が自分からボルヘスのもとにやってきたでしょうから。

135㎜望遠レンズの最短でのロボグラフィにも、
そんな発見が隠されているかも知れない、
神は見付からなくても、
せめて肉眼では見えない何か、
この世の予測を超えた営みに心を奪われた人には見えない何かが、
ロボグラフィの中に見付かる、私はそう信じたいのです。

なぜ?
なぜ、そんなことを信じたいのか?
フローライトアポクロマート135㎜F2.4を使ってご覧になると、分かります。
ボルヘスの肉眼には見つけられなかった神さえも顕現するかもしれない、
そんな突拍子もない期待さえ抱けそうな、
生き生きと躍る独特の描写なのですから。





b0226423_11335370.jpg
b0226423_11334675.jpg
b0226423_11334081.jpg
b0226423_11333397.jpg
b0226423_11332797.jpg
b0226423_11332019.jpg
b0226423_11331471.jpg
b0226423_1133723.jpg
b0226423_1133137.jpg
b0226423_1132548.jpg
b0226423_11324755.jpg
b0226423_11324132.jpg
b0226423_11323485.jpg
b0226423_11322732.jpg
b0226423_11322047.jpg
b0226423_11321252.jpg
b0226423_1132580.jpg
b0226423_11315865.jpg
b0226423_11315170.jpg
b0226423_11314398.jpg
b0226423_11313627.jpg
b0226423_11313041.jpg
b0226423_11312326.jpg
b0226423_11311660.jpg
b0226423_11311089.jpg
b0226423_1131292.jpg
b0226423_11305729.jpg
b0226423_11305192.jpg
b0226423_11303922.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-04 11:34 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)