レンズ千夜一夜

1734 バス停まで(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりに貫禄の登場)



いつもバス停までの道すがら、私の撮影は始まります。

本ブログにバス停までのロボグラフィを何度アップしたでしょうか?
幾度か私のブログに付き合った方はすでに飽き飽きでしょう。
なんで、こんなに一緒のものを何度も何度も撮るの?

そこで、前回の続きになります。
人の反応、人の賞賛を写真の一つの支えとしている人は、
次第に消耗してしまうようです。
私は、人の反応、人の賞賛など、写真の支えにしていません。
たいていの写真家には、
傑作写真は自我の拡張、確認、確立、完成なのでしょう。
私にとって、私の愛しのレンズの能力の確認であり賛美であり、
その意味での私の喜びですが、それ以上のものではありません。
だから、写真が長続きしています。

同じものだって、いくらでも、何度でも撮ります。
別のレンズで撮れば、別の顔が、別の喜びが見えてくるからです。
となると、私は飽きるはずがないわけです。
私にマンネリは無縁なので、写真へのエネルギーが枯渇しません。

傑作作品を求める方はいつか才能が尽き、エネルギーが尽きる、
そんな危険を抱えて生きているようです。
写真をやめる方も多いようです。

40何年か、私が写真撮影を愛し続けて、やむことがないのは、
私が妻を愛し続けて、やむことがないのと同じ。
飽きる方がどうかしているんじゃありませんか?





b0226423_2215691.jpg
b0226423_22145940.jpg
b0226423_22145234.jpg
b0226423_22144698.jpg
b0226423_22143972.jpg
b0226423_22143342.jpg
b0226423_22142729.jpg
b0226423_22142116.jpg
b0226423_22141448.jpg
b0226423_2214890.jpg
b0226423_2214255.jpg
b0226423_2213545.jpg
b0226423_22134281.jpg
b0226423_22131067.jpg
b0226423_2213476.jpg
b0226423_2212567.jpg
b0226423_22124926.jpg
b0226423_22124321.jpg
b0226423_22123740.jpg

b0226423_22151538.jpg
b0226423_22123067.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-11 22:29 | Pan.Tachar50/2.3 | Comments(0)