レンズ千夜一夜

1698 バス道(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久しぶりに微笑んだ)



2016年12月26日月曜日、
今年最後の揚琴レッスン梯子日。

先々月までは、2つのレッスンの間の空き時間約3時間中、
食事、休憩、移動の時間を除く約1時間少々を撮影に充てていました。
でも、前回から、梯子日の中間での撮影を控えるようにしています。
付虹先生の揚琴レッスンでかなりエネルギーを使い、
撮影でさらにエネルギーを費消すると、
午後3時半からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンで、
10年間暗譜してきた曲の途中でふっと切れてしまうことがあったからです。

前回、撮影はそこそこに陳少林先生のレッスンに臨むと、
これまでで最高のハーモニーになりました。
幾日か前からスティックの使い方が本格的になったので、
今回はその最初のレッスン日。
午前中の付虹先生のレッスンでは、
手馴らし用の左手練習曲では、付虹先生、
「手首をやわらかく回して、ちゃんと弾けるようになりました。
でも、曲に入ると、ときどき無駄な力が入るときがあります」
午後は、陳少林先生から、
「うん、力まないで、ちゃんと伴奏できるようになった」
と褒めていただきました。

ダルメイヤーの名玉、Cマウントレンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5を、
オリンパスE-PL1に付けました。
近頃、リアル系のレンズを多用してきたので、
本来の志向であるボケレンズを使って、バランスをとりたい。
オリンパスE-PL1に付けたときの風格、高級感にはかなりのものがあります。
こんな外観の楽しさも撮影意欲をかき立ててくれます。

まずは、朝のバス停の1分間と夕べのバスから降り立った1分間の写真。
これぞ、定番レンズ、
思わずそう言いたくなりました。
画像は、スピードアナスチグマート25mmだけが持つと言いたいほどに、
おおらかにソフト。
大人の風格って、こんなものかなあ、と感じてしまいます。
2016年のトウビを飾る写真が撮れた、そう言いたいですね。





b0226423_23501315.jpg
b0226423_23475084.jpg
b0226423_2347544.jpg
b0226423_23465810.jpg
b0226423_23452432.jpg
b0226423_23451059.jpg
b0226423_2345361.jpg
b0226423_23445043.jpg
b0226423_23443955.jpg
b0226423_23443314.jpg
b0226423_23442627.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-26 23:56 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)