レンズ千夜一夜

1690 西九条(ピザール26mmF1.9は使えば使うほど雰囲気描写が得意みたい)


ときどき考えるのですが、
写真や映画用のレンズ製作者って、どんなことを考えながら、
レンズを作るのでしょう?

大抵は、企業的な観点から、大衆が求めるレンズを見つけよう、
売れるレンズを作りたい、
という志向性が原動力となっているでしょう。
でも、昔も今も、映画であれば、写真であれば、
撮影者たちは、どこか夢を見ているものです。
でも、その夢はまさに「同床異夢」、千差万別です。
ユーザーすべての夢を支援するわけには参りません。

そこで、レンズ製作者の道はどうやら2つに別れるようです。

1 不特定多数の人たちの志向になるべく応じることで、
沢山のレンズを売りたい。
2 少数でもよい、個性的な夢、人とは違う写真を求める人のために、
できる限り個性的なレンズを作りたい。

現代では、宮崎貞安さんのような名人芸の製作者を除けば、
レンズメーカーは徹底的に1の路線を走っているようです。
いわく、理想の超精密、超高生彩な画像を実現する!
現代はこれ一辺倒です。
絵画でもスーパーリアリズムが台頭しているようです。

でも、ちょっと待ってください。
古から、アートはなにかを棄てることによって美を実現してきました。
アートとはリアリズムではなくて、アブストラクトなのではありませんか?

私は、自分でアートを求めるつもりはありません。
でも、撮りたかったものだけをくっきりと浮かび上がらせる、
そんな意味で抽象写真を撮りたい。
残念ながら、デジタルカメラは上記の1の理念を支援するツール。
オリンパスEP-L1だってそうです。
おかげで苦労しています。

ピザール26mmF1.9は、それにもめげず、
古風な画像を提供してくれます。
愛用しましょう。





b0226423_14385642.jpg
b0226423_14384917.jpg
b0226423_14384049.jpg
b0226423_14383066.jpg
b0226423_14382483.jpg
b0226423_1438171.jpg
b0226423_14373335.jpg
b0226423_14372667.jpg
b0226423_14371811.jpg
b0226423_14371248.jpg
b0226423_1437493.jpg
b0226423_14365758.jpg
b0226423_14363690.jpg
b0226423_14362861.jpg
b0226423_1436217.jpg
b0226423_14324876.jpg
b0226423_14324156.jpg
b0226423_14323578.jpg
b0226423_14314533.jpg
b0226423_1431054.jpg
b0226423_14302825.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-17 15:52 | Pizar26/1.9 | Comments(0)