レンズ千夜一夜

1687 西大寺(キネタール50mmF1.8は黄昏レンズとしても使えるみたい)



二兎を追うものは一兎も得ず、と言います。
今日はこの言葉を実感しました。

大阪加美の5歳になったばかりの孫プリンスの保育園参観でした。
ワクワクタイム。
プリンスは上から2番目のクラス。
その上級2クラスがそれぞれ30人近く居ますが、
彼らの歌、踊り、芝居を楽しみました。

最初に最上級クラスの演し物は、
歌詞に手話を振り付けた歌と踊り。
リフレインに虹を意味する指の形を美しく作って踊る子供たちを見て、
思わず涙が出てしまいました。

孫プリンスのクラスもさまざまに難易度の高い演し物を見せてくれました。
ワクワクタイムは午前中で終わり、孫たちも一緒に帰宅。
孫たちの家で昼食をとりました。
私は午後3時、プリンスと一緒にピアノ教室へ。
30分前に家を出たのに、なんと2分間遅刻してしまいました。
半時間歩き続けて、孫プリンス、疲れてしまい、
ピアノレッスンは半分ほどで、体をほぐすゲームでお茶を濁すことに。

先生のお宅のあるマンションを出ると、プリンス、
「向かいのマクドでポテトチップス食べたい」
ポテトチップスだけ注文して、二人で食べていると、
「ジュースも飲みたい」
やむなくアップルジュースを追加。
半分くらいごくごく呑んで、プリンス、ようやく人心地について、
聴かれもしないのに、突然、のびのびと息をつけたという感じで、
級友28人全員と先生お二人の誕生月をご機嫌に列挙してくれました。
なんだかプリンスの才能は美的な面よりも知的な面に向いてる感じ。
でも、それじゃ、折角のピアノレッスンが無駄みたいで、
やっぱり二兎を追ってしまった、
一日に2つの行事はやりすぎ、と反省したいですね。

私も、毎月2回、揚琴レッスン日を入れているのですが、
午前の付虹先生のレッスンは元気一杯なのに、
午後1時間ほどの撮影を挟んで、
午後3時15分からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンは、
ときどき、10年間続けてきて、完全に記憶している筈の曲を、
途中でふっと切れてしまいました。
いくらなんでも、三兎を追うのはやり過ぎかも?

その二兎目の写真を並べましょう。
大和西大寺に着いて、15分ほどの空き時間を利用して、
ぶらぶら撮影しながら、教室に向かうのが習慣。
キネタール50mmF1.8はここでも活躍してくれましたが、
やっぱりなんだか西九条の撮影分の方が生彩に富む感じ。
この辺りから疲れが出始めていたのかも?





b0226423_22405277.jpg
b0226423_22404439.jpg
b0226423_22403766.jpg
b0226423_22403076.jpg
b0226423_22402392.jpg
b0226423_22401764.jpg
b0226423_22401094.jpg
b0226423_2240259.jpg
b0226423_22395422.jpg
b0226423_2239478.jpg
b0226423_2239395.jpg
b0226423_22393351.jpg
b0226423_22392684.jpg
b0226423_22391964.jpg
b0226423_22391282.jpg
b0226423_2239570.jpg
b0226423_22385680.jpg
b0226423_22384993.jpg
b0226423_22384213.jpg
b0226423_22383491.jpg
b0226423_22382680.jpg
b0226423_22382161.jpg
b0226423_22381493.jpg
b0226423_2238741.jpg
b0226423_2238196.jpg
b0226423_22375460.jpg
b0226423_22374762.jpg
b0226423_22374134.jpg
b0226423_22373261.jpg
b0226423_22372343.jpg
b0226423_22371611.jpg
b0226423_2237872.jpg
b0226423_2237064.jpg
b0226423_22365080.jpg
b0226423_22364186.jpg
b0226423_22363348.jpg
b0226423_22362625.jpg
b0226423_22361778.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-09 23:20 | Kinetal50/1.8 | Comments(0)