レンズ千夜一夜

1684 バス道(アポクロマート25mmF2は見たい物を見せてくれるか?)part 1

妻がどこかの風景コンテストの写真一覧頁を見せてくれました。
「これ、なんなの?
なんでこんなにけばけばしいの?」
私もそう思います。
すべてがデジタル色。

自然にはない色で自然を表現する、これが現代写真。
私のブログだって、似たようなものです。
ちょっとクラシカルなだけ。

でも、ちょっと疑いが頭をかすめます。
私は、デジタル色が自然ではないことを知っています。
でも、風景コンテストの応募者も選者も、
もしかすると、この色しか見えないかも知れない!

私たち夫婦を含む、銀塩時代の人間は、
銀塩フィルムの写真プリントを見ると、
懐かしい、これが本当の色だなあと思います。
でも、デジタル写真で育った人には、
色のくすんだ前時代的に古めかしい、褪せた色、
そう見えるようです。
写真にも、どこかで世代ギャップの溝が深く横たわっているらしい。

どうやら、視覚そのものが変質していくらしい。
もしかすると、世界像そのものも異なるかも知れません。
怖いですね。

キノプティックのレンズは、銀塩フィルムの時代には、
若干鮮鋭すぎ、冷たすぎ、澄みすぎという感じでした。
デジタル写真の感触に少しずつ慣れていくにつれて、
アポクロマートの色が穏やかに感じられるのですから、
おかしなものです。






b0226423_11089.jpg
b0226423_105440.jpg
b0226423_10421.jpg
b0226423_103455.jpg
b0226423_102893.jpg
b0226423_102095.jpg
b0226423_101497.jpg
b0226423_10860.jpg
b0226423_1001.jpg
b0226423_0595424.jpg
b0226423_0594733.jpg
b0226423_059303.jpg
b0226423_0592234.jpg
b0226423_0591521.jpg
b0226423_059820.jpg
b0226423_059142.jpg
b0226423_058541.jpg
b0226423_0584692.jpg
b0226423_0583976.jpg
b0226423_0583275.jpg
b0226423_0582560.jpg
b0226423_0582028.jpg
b0226423_0581338.jpg
b0226423_0583100.jpg
b0226423_0575618.jpg
b0226423_0574925.jpg
b0226423_057432.jpg
b0226423_0573341.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-06 01:04 | Apochromat25/2 | Comments(0)