レンズ千夜一夜

1657 雨のバス道(トリプルアナスチグマート15mmF2.9なら傘差しながら片手で)


ダルメイヤーのCマウントの超パンケーキレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF2.9
私は、その撮れ味の楽しさが共通するということで、
ミニホロゴンと呼んでいるレンズですが、
オリンパスEP-L1に付けると、さりげなさでは抜群。
F8に絞って、パンフォーカスで撮りますから、
雨の日、左手で傘を差しながら、右手一本で自在に撮れます。
もちろんすべてノーファインダー。
バスを降りてから、我が家までの3分、
こんな光景しかないのですから、
私がどんな片田舎に住んでいるか、お分かりでしょう。
でも、私がどんなに幸せか、
そんなことにはお気づきにならないでしょうね。

写真的な面白さ、作品としての品格を求める方は、
せいぜいしっかりとファインダーを見たり、液晶を眺めたりして、
構図を考え、空気感を読んだりして、作品作りをしてください。

レンズからのプレゼントをありがたく頂戴したい、
なぜって、もうかなり長い間、超絶スランプにあえいでいて、
もう溺れるものは藁をも式で、レンズに頼ってみたい、
そうお考えの方なら、
あるいは、自分は創造性十分で、今やカルティエ=ブレッソンを凌いだぞ、
なんて、根も葉もない空想に舞い上がっているあなたなら、
このレンズに頼ってみるのがよさそうですよ。
これまでの自分には思いもつかなかったなあ、
そう実感できる写真が撮れるかも知れませんよ。

こんなレンズを使ってみると、気づきます。
こんなボロレンズに任せた方がずっと素敵な写真が撮れるなんて、
なんだ、自分の感性なんて、自分で思ってるほど大したことないじゃない?
こんな風に、慢心をきれいさっぱりぬぐいさり、謙虚さを学べる、
なんて、素敵じゃありませんか?

書き落としました。
台風一過の日でした。




b0226423_2363862.jpg
b0226423_2363288.jpg
b0226423_2362547.jpg
b0226423_2361760.jpg
b0226423_2361113.jpg
b0226423_236651.jpg
b0226423_236012.jpg
b0226423_2355573.jpg
b0226423_235376.jpg
b0226423_2353129.jpg
b0226423_235243.jpg
b0226423_2351851.jpg
b0226423_2351181.jpg
b0226423_23529.jpg
b0226423_234521.jpg
b0226423_2343634.jpg
b0226423_2342665.jpg
b0226423_2341832.jpg
b0226423_2341162.jpg
b0226423_234412.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-01 23:09 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)