レンズ千夜一夜

1648 奈良女子大界隈(パンタッカー50㎜F2.3が一番性に合っているみたい)Part 2


ロボグラフィたちをブログにアップする作業をしながら、
土門拳さんのことを思い出しました。
うろ覚えですが、こんな次第。

室生寺がお好きで、車いす生活になっても、
「雪の室生寺を撮りたい」と真冬にも通ってこられたそうです。
いつも同じ旅館「橋本屋」に宿泊されるのですが、雪はなし。
がっかりして布団に入ったのですが、
朝方、宿の女主人の声、「先生、雪です!」
急いで窓を開けてみると、一面に雪が積もっています。
朝食をとられたかどうか記憶していませんが、
弟子たちに助けられて室生寺に駆け込み、
狙っていた光景に大型カメラを三脚にセット。
撮影のためのセッティングはすべて弟子がしたのだそうです。

先生からの指示はなし。
でも、期待に添わないセッティングをすると、
「駄目!」
それでも、指示は一言も口にしない。
弟子たちが才能を伸ばせたのも、このお蔭のようです。
「良し!」となると、弟子が先生にシャッターを渡します。
どんなシャッターだったか、忘れました。
土門さん、「えいっ」と裂帛の気合いの下に、
そのシャッターを押したのだそうです。

気合いで写真の質が変わるかどうかは分かりませんが、
傑作を撮るぞ、という強烈な意志が分かりますね。
で、なぜ、土門拳さんのことを思い出したか?
私は土門さんとはおよそ正反対の対極に位置するだろう、
そう考えたからです。

土門さんのように一々気合いを入れて撮ってたら、
何百枚も撮るのですから、疲れきってしまうでしょう。
私の場合はちらっとでも心が動いたら、こう考えます、
「おっ、居ましたね。待ってくれてたんだね。ありがと」
そして、握手気分で一枚頂くわけです。

すっと腰を屈め、手を突き出して、構図もなにも考えないで。
Cマウントレンズのように、ピントを合わせる必要のあるときは、
カメラの液晶は拡大設定になっていて、ピントだけ合わせたら、
即、シャッター!
何百枚も一々構図なんか考えてたら、疲れます。

私は日の丸の旗は大嫌いですが(と又、書かずもがなの一句)、
日の丸構図は大好き。
国旗の影響じゃありません。
中学校の頃、母親の作ってくれた弁当を開けたときの喜び。
私の母はとんでもない位に料理名人だったようです。
毎回違ったプレゼンテーションだったのです。
だから、お弁当も喜び一杯でした。

私の写真は、よくご覧になったら、お分かりでしょう。
いつも主題、主人公は1つで、ど真ん中に居ます。
写真家が絶対に避ける構図だけで楽しんでいます。
構図なんかがたがた考えてたら、
「いいな」という気持ちなんか、消えてしまいます。

トンボを捕る要領です。
狙い澄ませて、じりじりと接近、なんてやってたら、
最後の瞬間にひょいっと逃げられてしまいます。
見つけた途端、無造作にさっと捕虫網を横殴り!
これしかありません。
ロボグラフィも一緒。

なんだ、この人、子供の頃覚えたことだけで生きてる!
馬鹿みたい!
そう思われても、結構です。
事実、そうなんですから。





b0226423_14582640.jpg
b0226423_14582065.jpg
b0226423_1458933.jpg
b0226423_14551741.jpg
b0226423_14551033.jpg
b0226423_1455381.jpg
b0226423_1454924.jpg
b0226423_1454341.jpg
b0226423_14535760.jpg
b0226423_1451714.jpg
b0226423_1450578.jpg
b0226423_1450529.jpg
b0226423_14504661.jpg
b0226423_14504076.jpg
b0226423_1450283.jpg
b0226423_1450851.jpg
b0226423_1450143.jpg
b0226423_14495476.jpg
b0226423_14494923.jpg
b0226423_1449916.jpg
b0226423_1449432.jpg
b0226423_14485363.jpg
b0226423_14484749.jpg
b0226423_14483539.jpg
b0226423_14482932.jpg
b0226423_14482019.jpg
b0226423_14481244.jpg
b0226423_1448342.jpg
b0226423_14474819.jpg
b0226423_14474348.jpg
b0226423_14473737.jpg
b0226423_14472945.jpg
b0226423_14472169.jpg
b0226423_1447832.jpg
b0226423_1447164.jpg
b0226423_1446458.jpg
b0226423_14463542.jpg
b0226423_1446237.jpg
b0226423_14461226.jpg
b0226423_1446110.jpg
b0226423_14455382.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-14 16:26 | PanTachar50/2.3 | Comments(2)
Commented by 中将姫光学研究所 at 2016-09-15 01:38 x
こんばんは、土門拳の対極にいるというのはすごいことだと思います。写真を撮ってる人間のほとんどは、その中間の位置にいるわけですから。レンズの性能が発揮されるのは中央部なので、日の丸構図も理に適っています。
ところで、いまeBayでスピードパンクロの50mmが出ています。また、Rセレナーを売ってる店を見つけました。ご興味あれば。
Commented by Sha-Sindbad at 2016-09-16 00:07
中将姫光学さん
情報ありがとうございます。
さっそくebayをチェック。
スピードパンクロは、現在US $577.89の分ですね。
でも、おそらく落札価格はこの倍ほどになるでしょうし、
Mマウントへの改造料金も加算すると、
私の現在の財政には厳しいですね。
R−セレナーの方はグーグルで検索しても、見つかりません。
幾ら位なのでしょう?
今では、むしろレンズを売却していかなければ、
と考えるこの頃なのです。