レンズ千夜一夜

1647 奈良の裏町(スピードパンクロ50㎜F2が奈良船橋町伝いに躍動し)Part 3



私はブログ文の80%をポメラで書いています。
ポメラ
ご存じでしょうか?
超小型ワープロです。

通常のノートパソコン風に液晶画面を引き上げると、
キーボードが姿を現しません。
もう一段右に引き上げると、
それは、裏からキーボードの右半分が出現。
同時に、底部のキーボード左半分が左にスライドして、
両方がピタリと合わさって、小型ノートパソコン風キーボードに。
だから、ブラインドタッチングで入力できます。
文章はテキスト文書として保存されます。
ミニSDカードを媒体として、マックに移すことができます。
ポメラがあれば、「どこでも書斎」というわけです。

書斎のューローもそっくり同じフラップドア式。
横幅1m56cm×奥行き60㎝の天板が下りてきます。
私はコンパクトに畳めるフラップドア式が好きなようです。
ただし、ポメラは超小型。ビューローは超巨大。
隣接するプリンタ収納用小型ビューローの天板を下ろすと、
奥行き1m15㎝×横幅2m10㎝の書斎机となります。

これ以上巨大な書斎机を使っているのは学者先生位でしょう。
まさに分不相応。
でも、人間は小さいけど、気持ちは大きく生きたいものです。
奈良町をほんの1時間ちょっと撮影しただけでも、
たゆまずシャッターを切りますので、230枚撮れて、
90枚選択して、ブログ記事3回分にする、というのですから、
粗製濫造もいい加減にしろと言われそうです。

いわば、東京オリンピックの特例として、
日本はお金が一杯余っているので、
1競技のメダル数は3倍にしちゃいましょう、
つまり、1位から3位までは金メダル、
4位から6位までは銀、7位から9位までは銅メダル上げます。
こんな特例式で写真たちを大盤振る舞いで選んであげているわけです。

スピードパンクロ50㎜F2を使うと、全部ブログにアップしたい、
そんな気持ちにさせられてしまいます。
だから、これでも激しく謙抑しているのだ、
そうお考え頂きたいものです。




b0226423_236610.jpg
b0226423_236061.jpg
b0226423_23554100.jpg
b0226423_2354814.jpg
b0226423_2353541.jpg
b0226423_2352952.jpg
b0226423_2352351.jpg
b0226423_2351688.jpg
b0226423_2351029.jpg
b0226423_235444.jpg
b0226423_2345355.jpg
b0226423_2344659.jpg
b0226423_234407.jpg
b0226423_2343361.jpg
b0226423_2342715.jpg
b0226423_2341969.jpg
b0226423_2341138.jpg
b0226423_23448.jpg
b0226423_2335747.jpg
b0226423_2335098.jpg
b0226423_2334073.jpg
b0226423_2333391.jpg
b0226423_2332675.jpg
b0226423_2331715.jpg
b0226423_2321230.jpg
b0226423_232329.jpg
b0226423_231571.jpg
b0226423_2314895.jpg
b0226423_2314375.jpg
b0226423_2313647.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-11 23:57 | SpeedPanchro50/2 | Comments(0)