レンズ千夜一夜

1644 ニューレンズ!(ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5が突然我が家に飛び込んだ!)

9月6日火曜日、
レンズ名人宮崎貞安さんからニューレンズが送られてきました。

    ウルトラワイドペラール17mmF4.5

レンズ構成はたしか4枚玉、とにかくレトロフォーカスです。
ライカMマウントでは、Hologon15mmF8Mと
コシナのスーパーワイドヘリアー2本に続く超広角レンズ。
パンケーキレンズです。
ボディから飛び出した高さが約1cm、
フード付きでも約1.5cmにしかなりません。
目立たないこと、おびただしい。

販売価格は未定ですが、宮崎さんのお話では、
スーパーアンギュロン21mm2本よりもはるかに廉価とのこと。


9月7日水曜日、さっそく奈良の各所で第一回目の試写!
久しぶりに興奮しました。
クラシックレンズも心をときめかせてくれますが、
宮崎さんのレンズも、きわめて単純なレンズ構成、超小型で、
クラシックレンズにも現代レンズにもない、独自の描写力で、
あっと仰天するような写真世界への扉を開いてくれます。

まずは、ホロゴンたちと同様に、
F8パンフォーカス、ノーファインダー撮影です。
第一印象
強烈にシャープです。
私のライカ用超広角たちと同等もしくはもっと。
でも、硬くない!
現代の超広角のような超鮮鋭ではありません。
これで辟易したのが、リコーGレンズの21mm。
あまりにも鋭角的で、色も鮮やか過ぎました。
レンズ改造もできず、乾燥ボックスに転がっています。
もちろんフィルムレンズなので、使えないのも当然ですが、
肉眼を超えているから、使いたいとは思いませんね。
ウルトラワイドペラールは違います。
超精密なのに、柔和な表情を見せてくれます。

今回を含めて、少なくとも3回は試写させていただきます。
2000枚ほども撮れるでしょうか?
本日は527枚の収穫。
ウルトラワイドペラールの実力のほど隅々まで拝見させていただきます!

まずは、25枚、選んでみました。
前半は絞りによる変化のチェック用、
後半はお気に入りのピックアップです。





b0226423_22462944.jpg

                           開放F4.5


b0226423_22462355.jpg

                           開放F8


b0226423_22455840.jpg

                           開放F4.5


b0226423_22461123.jpg

                           開放F8



b0226423_22453364.jpg

                           開放F4.5


b0226423_22453364.jpg

                           開放F5.6


b0226423_22452443.jpg

                           開放F8



以下、ランダムの作例です。


b0226423_22445132.jpg
b0226423_22444393.jpg
b0226423_22443461.jpg
b0226423_22434661.jpg
b0226423_22433472.jpg
b0226423_22432563.jpg
b0226423_22431871.jpg
b0226423_2362482.jpg
b0226423_22425987.jpg
b0226423_22425313.jpg
b0226423_22424445.jpg
b0226423_22423750.jpg
b0226423_22422929.jpg
b0226423_22421767.jpg
b0226423_2242883.jpg
b0226423_2242122.jpg
b0226423_22415317.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-07 23:35 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(2)
Commented by yoshipass at 2016-09-07 23:50
これはいいですね!
楽しみに拝見します。
使いたくなったら困りものですが(^_-)-☆
Commented by Sha-Sindbad at 2016-09-08 17:43
yoshiさん
私はかなり気に入っています。
いろいろと試写してみるつもりですが、
使い勝手の良さは抜群。
かなり人気を博すんじゃないか?
そう予測しています。