レンズ千夜一夜

1642 大和西大寺(Petzval58㎜F2.3が静かな路地にほのかにたなびいて)Part 1



9月4日日曜日、久しぶりに上京して、
二胡コンサートで中国音楽の味わいを満喫してきました。
二胡、箜篌(中国ハープ)、琵琶が登場しました。

二胡は私の師匠です。
私には過ぎた師匠です。
なぜって、実は中国有数の大演奏家なのですが、
合奏での演奏ぶりは、三流の演奏家とはっきり違っていました。

三流の演奏家は、いつも自分が主人公なのだと分からせるように、
最初から最後まで一人目立つように弾きまくります。
でも、その結果、合奏ではなくて、
伴奏付き独奏になってしまいます。
昨日の演奏は違いました。
常に箜篌、琵琶に目を配り、しっとりとハーモニーさせて、
どこまでも浮かび上がることなどしない。
全部の楽器の演奏が合流し、協和して、一つの音楽になるよう、
常に気配りをしておられました。

それでも、ハーモニーの中から浮かび上がる二胡の調べは、
いつもながら、スペシャルでした。
中国有数のオーケストラ、国立中国電影楽団のコンサートマスターとして、
若い頃100以上の中国映画音楽の二胡主奏を担当されました。
「紅楼夢」もその一つですが、
二胡がたとえようもなく美しく浮かび上がります。

【经典】红楼梦插曲《葬花吟》
(https://www.youtube.com/watch?v=FsUY1-tG-1g&list=
PL1kIeRJejsQYrh8EjBESNVTF2kZ0n6l5q&index=3)

コンサートが終わって、新幹線で帰途についたとき、
ふっと考えました、
写真だって、素敵な合奏と同じなんだ。
画面上のすべてのファクターがしっとりと響き合わなければならない。
そんな協奏の中で、主題は、二胡のように、
静かに揺るぎなく浮かび上がって来なければならない。

そんな味わいをすんなりと出してくれるのがペッツヴァールですね。
中将姫光学さんからお借りしている逸品、Petzval58㎜F2.3、
これで大和西大寺を撮った写真を並べてみましょう。




b0226423_19153153.jpg
b0226423_19152489.jpg
b0226423_19151862.jpg
b0226423_19151494.jpg
b0226423_1915720.jpg
b0226423_1915056.jpg
b0226423_19145550.jpg
b0226423_19145061.jpg
b0226423_19144483.jpg
b0226423_19143652.jpg
b0226423_19143015.jpg
b0226423_19142419.jpg
b0226423_19141816.jpg
b0226423_19141146.jpg
b0226423_1914456.jpg
b0226423_19135850.jpg
b0226423_1913512.jpg
b0226423_19134751.jpg
b0226423_19134185.jpg
b0226423_19133038.jpg
b0226423_19132310.jpg
b0226423_19131796.jpg
b0226423_19131361.jpg
b0226423_191336.jpg
b0226423_19125835.jpg
b0226423_19124712.jpg
b0226423_19124079.jpg
b0226423_19123571.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-05 19:16 | petzval58/2.3 | Comments(0)