レンズ千夜一夜

1615 お湿りの日(バルター25mmF2.3ならしっとりとした里の表情も)Part 2



映画やドラマで、こんな俳優が居ます。
最初は目立たない。
でも、ドラマが進むにつれて、
いや、この人は大した役者だなあ、目が離せない、
そんな風に心から讃嘆させられてしまう、そんな役者。
韓流ドラマの醍醐味はそんな役者が一杯居るところでしょうか?

こんな役者たちって、本当に役に成りきることができます。
だから、ちょっとした素振り一つでぐっとドラマを深めることができる。

バルター25mmF2.3をリコーGXRで使っていて、ふっと気づきました。
そんな役者に似ているんじゃないかな?
一言で言うと、

     底力





b0226423_1512421.jpg
b0226423_1512082.jpg
b0226423_15115586.jpg
b0226423_15114969.jpg
b0226423_15114580.jpg
b0226423_15113974.jpg
b0226423_15113327.jpg
b0226423_15112798.jpg
b0226423_15112239.jpg
b0226423_15111634.jpg
b0226423_15111181.jpg
b0226423_1511564.jpg
b0226423_15105934.jpg
b0226423_15104362.jpg
b0226423_15103272.jpg
b0226423_15102660.jpg
b0226423_15101433.jpg
b0226423_1510929.jpg
b0226423_1510318.jpg
b0226423_1595242.jpg
b0226423_1594236.jpg
b0226423_1593744.jpg
b0226423_1593279.jpg
b0226423_1592687.jpg
b0226423_1591962.jpg
b0226423_1591326.jpg
b0226423_159738.jpg
b0226423_159218.jpg
b0226423_1585613.jpg
b0226423_1585155.jpg






    [後書き]
      11枚目から13枚目の土嚢、
      私の大好きなロボグラフィです。
      私が路傍に次々と出会う「顔」の典型。
      なんと巧い位置に濡れ落ち葉が収まったものです。

      ついでに書いておきますが、
      私は絶対に加工しません。
      理由は簡単。
      作ったものは面白くないからです。
      
      でも、作ることが好きな人もおられます。
      あれこれ手を加えたり、取り除いたり、置き換えたり、
      そんな加工作業をして、面白い写真を作り出します。
      猫に餌をあげたりするのも同様です。
      ご自由です。

      でも、写真の出来映えに感心した人から、
      「ああ、素敵なものを見つけましたね、さーすが!」とか、
      「いやあ、絶好のシャッターチャンスですねえ、すごい!」
      なんて言われると、
      こう正直に答えるでしょうか?
      「いえ、ああやって、こうやって、手をちょっと加えたら、
      こんな風になったんですよ」

      ほぼ絶対に言いませんね。
      でも、相手にもそうですが、自分にとっても、
      これって正直な生き方じゃありませんね。

      あれこれ加工するのはご自由です。
      私はしませんが、加工するのはダメだとも申しません。
      写真制作におけるポリシーの門題なのですから。
      でも、やっぱり嘘をつくのはよくないですね。
      どちらかをよしましょうね、
      加工をするか、それとも偽りを言うか。
      折角生まれたんだから、まっとうに生きましょう。
by Sha-Sindbad | 2016-07-20 15:16 | Baltar25/2.3 | Comments(5)
Commented by camellia-02 at 2016-07-22 09:06
写真と言うのは、加工(現像)をすることが 前提なのでは?
Commented by Sha-Sindbad at 2016-07-22 10:36
camellia-02さん、コメントありがとうございます。
このブログ、人が来ませんので、
久しぶりのコメントにちょっと驚きました。
おっしゃるとおり、現代では写真はRAW で撮って、
自在に加工して、作品化するのが常識ですね。
でも、私は素人で、原則として人に見せませんので、
JPEGで撮って、投稿時、レベル補正で濃度をそろえるだけ。
理由はNo.1615の後書きに書きました。
ロボグラフィと名付けて路傍のものたちと付き合っていますので、撮ったときの印象をそのまま記録したいのです。
Commented by camellia-02 at 2016-07-22 11:32
<JPEGで撮って、投稿時、レベル補正で濃度をそろえるだけ。
<・・・撮ったときの印象をそのまま記録したいのです。
レベル補正で濃度をそろえるだけで、撮った時の ご自身が感じた印象通りの 写真に仕上がってしまうのですか?
Commented by Sha-Sindbad at 2016-07-24 22:49
camellia-02さん
私は全写真、初めから正確な色再現など無視して、
レベル補正で濃度をそろえるだけです。
もともとモノクローム専科だったせいでしょうか?
その場の正確な色などまったく覚えていないうえ、
私の心を打つものは存在そのものだけなのですから。
だから、レベル補正で十分なのです。
Commented by camellia-02 at 2016-07-26 09:05
<私の心を打つものは存在そのものだけなのですから。
はい、良~く わかります。
そうですよね。