レンズ千夜一夜

1603 墓参り(墓参り後の撮影ならパンタッカー40mmF2.3にお任せ)Part 1



6月1日水曜日、遅まきながらの墓参を済ませて、ほっとした表情で、
やおらバッグから取り出したものはなんだったでしょう?
(実は文学的誇張。墓参前の写真も混じります)
私のブログを少しでも読んだ方なら、
日本刀! ピストル!だなんてはお考えにならないでしょう。

  もちろん、カメラ。
  リコーGX-R
  パンタッカー40mmF2.3

60mmの標準レンズとして使います。
もう見るからにボケボケのノンコートのレンズです。
白濁したような感じがあって、絞ってもフレアーが盛んに発生します。
デザインも古めかしく、やはり1930年代でしょう。

だが、しかし、腐ってもパンタッカー!
と、気張るのもちょっと場違いなほどに、
なぜかゆったりと静かな印象を醸し出せるレンズです。
おそらくレンズスペックは最低クラスでしょう。
現代レンズの求める精密、精緻、高生彩とは対極的な画像。
文字通り、ボケボケ。

だから、評判は悪いでしょう。
おおかたの評判が悪ければ悪いほど、
私の評価は高くなる。
これがおもしろいですね。
2回に分けてご覧頂きましょう。




b0226423_22524821.jpg
b0226423_22524244.jpg
b0226423_2252372.jpg
b0226423_22523034.jpg
b0226423_22522540.jpg
b0226423_2252194.jpg
b0226423_22521453.jpg
b0226423_2252857.jpg
b0226423_2252377.jpg
b0226423_22515794.jpg
b0226423_22514933.jpg
b0226423_22514432.jpg
b0226423_2251396.jpg
b0226423_22513310.jpg
b0226423_22512676.jpg
b0226423_22512015.jpg
b0226423_22511518.jpg
b0226423_2251894.jpg
b0226423_2251233.jpg
b0226423_22505737.jpg
b0226423_22505132.jpg
b0226423_22504665.jpg
b0226423_22504115.jpg
b0226423_22503321.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-27 22:55 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)