レンズ千夜一夜

1603 弘法市(のみの市をHologon15mmF8Uの目で見てみよう)



5月21日土曜日、
京都の東寺弘法市の日でした。
かなり以前、大好きで随分通いました。
私家版で写真集も一冊作りました。

でも、もう何年も足が遠のいています。
まったく人の目にとまらず、ひっそりと生きていて、
私と目があって、「やあ、ぼく、ここにいるよ!」と訴える、
そんなロボグラフィたちと、
「買って、買って」と訴えてくる骨董などの商品は、
存在としての意味がちょっと違う、
そんな感じがするからです。

でも、気分を変えるのに良いかもしれない、
そう思いついて、友人たちに声をかけました。
おもいがけず、東京に単身赴任中の親友のAKさん、
いつもの相棒のDAさん、
そして、写真家の林孝弘さんまで、揃い踏みとなりました。

装備はもちろん、とっておきの最高コンビ。

    ソニーα7
    Hologon15mmF8U

詳細は別ブログ「わが友ホロゴン」でその内掲載します。
まずは、ランダム報告。





b0226423_11201934.jpg
b0226423_11201316.jpg
b0226423_1120736.jpg
b0226423_1120087.jpg
b0226423_11195328.jpg
b0226423_1119469.jpg
b0226423_11193916.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-26 11:23 | Hologon15/F8UF | Comments(0)