レンズ千夜一夜

1586 新大阪駅界隈(ズマロン28mmF5.6についても認識を新たに)Part 1



もうかなり古い話になりましたが、
5月14日土曜日、新大阪での二胡レッスン日でした。
レッスン会場に私の二胡を置いて、
ちょっと炎天と言いたくなるような街路に飛び出しました。
暑い日でした。
持ち出したのは、久々のセット。

  ソニーα7
  ズマロン28mmF5.6

このズマロン、筐体は35mmF3.5をもう少し上等にした作り。
作りの精密感という点では、ライカレンズのベスト5に入るでしょう。
描写力も35mmF3.5と同傾向。
温色傾向があって、あたたかく、しかも、精密感があります。
絞る必要がありません。

距離リングを調整するだけで、ノーファインダーで軽快に撮れます。
実際には、そうしないとしょうがない。
マイナス2に切り詰めると、炎天下のせいでしょうか、
液晶ファインダーがまったく見えません。

今回はこのレンズも初めてMマウントアダプタに付けました。
最短撮影距離が20cmに縮まるのですから、恐るべき威力です。
こんなときはピント合わせが絶対必要。
やむなくマイナス1.5と、ちょっと明るめにしました。
それでも、ピント合わせはもはや気配の領域にあります。
あったな、と思う気配を感じ取って、すかさずシャッターを落としました。
快調です。





b0226423_16185441.jpg
b0226423_16184772.jpg
b0226423_16183492.jpg
b0226423_1618292.jpg
b0226423_1618232.jpg
b0226423_16181698.jpg
b0226423_16181049.jpg
b0226423_1618596.jpg
b0226423_16175884.jpg
b0226423_16175285.jpg
b0226423_161746100.jpg
b0226423_16174070.jpg
b0226423_16173377.jpg
b0226423_16172778.jpg
b0226423_16172112.jpg
b0226423_16171538.jpg
b0226423_1617927.jpg
b0226423_16173100.jpg
b0226423_16165710.jpg
b0226423_16165363.jpg
b0226423_16164717.jpg
b0226423_16164289.jpg
b0226423_16163718.jpg
b0226423_1616329.jpg
b0226423_16162769.jpg
b0226423_16162222.jpg
b0226423_16161612.jpg
b0226423_16161134.jpg
b0226423_1616631.jpg
b0226423_1616123.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-29 16:23 | Summaron28/5.6 | Comments(0)