レンズ千夜一夜

1579 十三幻影(スピードパンクロ50㎜F2は精緻ファンタジーが得意らしい)



Leica Virgin 中将姫光学
(http://zunow.blog51.fc2.com/)
クラシックレンズファンの私にとって、
最高のリファレンス資料となってきたのが、このブログです。

でも、中将姫光学さんが1年余の世界旅行に出かけられて、
かなり剣呑な地域を旅されるようになって、
疾風怒濤、というより、暴虎馮河に近い連日の移動ぶりに、
かなり冷や冷やしている内に、いつしか投稿が途絶え、
完全に消息不明となっておられました。

彼のことを心配していたのは、私一人ではないはず。
でも、実は、そんな心配は杞憂でした。
久しぶりに奈良に姿を見せられたのです。
もともと大変な長身の方なのですが、
旅の体験を経たせいでしょう、
一回り大きな人物となっておられました。

奈良大和路の撮影地として、大和郡山、
大阪浪速の撮影地として、十三を、
二人で2日に分けて、歩いてきました。

中将姫光学さんからレンズを一つをお借りしました。

     クックのスピードパンクロ50㎜F2。

私がついに手に入れることができなかった至高の名玉。
このレンズは3世代を数えるのだそうですが、
中将姫光学さんのお話では、第1世代がベストとのこと。
その第1世代のライカMマウント改造版をお借りできたのです。

その1枚をご覧頂きましょう。
1930年頃の正真正銘のオールドレンズなのに、
クリアーで明晰で精緻なことはどうでしょうか?
でも、それにも関わらず、メタモルフォーゼが歴然。
ご覧下さい。
これが何なのかは、あなたの想像にお任せします。






b0226423_22473453.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-18 22:47 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)