レンズ千夜一夜

1578 大阪日本橋(ズマロン35㎜F3.5は雨の日だとさらに瑞々しく)Part5



誰かと話していて、対話者がこう言ったとしましょう、
「だいたい大衆というものはねえ..........」
こんな風に話し始めるとき、
大抵の場合、その人は、自分を上位に置いているものです、
エリート、教養人、趣味人、富裕層、上流階級、等々。

そんなとき、あなたは自分をどちらに置いて受け止めますか?
やっぱり、話者と同じラインに乗りますか?
エリート、教養人、趣味人、富裕層、上流階級.....?

私はいつ頃からでしょうか?
はっきりと自覚しました、
私はこのどれでもない。
エリートでもないし、教養人でもないし、趣味人でもないし、
富裕層でも上流階級でも絶対にない。

私は、こうしてブログではあれこれと思考を書き連ねていますが、
これはボケ防止の日記だから。
実生活上の私は完全に衝動と情熱で生きています。
やりたいことを即時実行する、ただそれだけ。
うまくいかなくても気にしない。
次にしたいことが待っているから。

私は趣味人でもありません。
世間的には、趣味に数えられるものを幾つもやっていますが、
なんでいい、私の心をかきたてるものをやりたいから、やっているだけ。
生きる行為、呼吸するようなものです。

私が写真を撮るのは、ただひたすら撮りたいから。
撮りたいものが眼前に次々と現れるから。

よくストリートフォトの写真家を猟師にたとえることがあります。
注意深く視線を走らせ、獲物を発見するや、
素知らぬ顔で、じりじりと迂回しつつ接近し、
チャンスと見るや、突然行動を起こして、一発で獲物を仕留める。

私はこのどれもしません。
ロボグラフィは見つけるものではありません。
向こうから私を見つけてくれるのです。
路地の軒からぽたぽたと雨のしずくが落ちてくる、
近づいて傘で受け止める、そんな行動。

先日、喫茶店で女主人の友人が傘を自慢していました。
「これ、イギリスで買ったの。
こんなに大きくてすっぽりかぶれるので、雨に濡れないのよ」
見ると、おおきくこんもりとしたこうもり傘風のビニール傘。
透明なので、雨のしずくが伝い落ちる様を楽しめそう。
雨の日のロボグラフィが大好きな私です、
かなり羨ましい思いで眺めていました。

ズマロンはどうやらこの大きなこうもり傘風ビニール傘なのです。
おかげで、水滴をいくつも撮ることができました。






b0226423_22204613.jpg
b0226423_22203664.jpg
b0226423_22203062.jpg
b0226423_22202037.jpg
b0226423_22201448.jpg
b0226423_2220929.jpg
b0226423_222043.jpg
b0226423_22195789.jpg
b0226423_22195139.jpg
b0226423_2219456.jpg
b0226423_22193980.jpg
b0226423_22193415.jpg
b0226423_22192719.jpg
b0226423_22192019.jpg
b0226423_22191450.jpg
b0226423_2219898.jpg
b0226423_221922.jpg
b0226423_22185670.jpg
b0226423_22185097.jpg
b0226423_22184463.jpg
b0226423_22183861.jpg
b0226423_2218339.jpg
b0226423_22182726.jpg
b0226423_22182193.jpg
b0226423_22181471.jpg
b0226423_2218758.jpg
b0226423_2218154.jpg
b0226423_22175543.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-17 22:24 | Summaron35/3.5 | Comments(0)