レンズ千夜一夜

1573 新大阪(ペッツヴァール58㎜F2.3で心豊かに天隠れ)Part2



シュタイデル出版社の写真集の2冊目が届きました。

    Saul Leiter
      Early Color

先に届いた2巻本のモノクローム集、
Ealry Black and Whiteと言わば対をなす写真集です。
ソール・ライターが使っていたのはどうやらエクタクローム。
1940年代から60年代のカラー写真なので、
この写真集の第一刷は2006年なので、半世紀ほど昔のフィルム。
ほぼ同系統の赤方向に褪色しているようです。
おかげで、適当にと言うか、大幅にと言うか、時代色が着いて、
かなり格調の高い傾向で古色蒼然としています。

アマゾンでの新刊本を予約したのですが、結局品切れ。
その定価よりも廉価な古本を1冊見つけて、
ハンブルグから取り寄せました。
10日ほどで届き、梱包を解くと、
ほとんど使用感のない美しい本が現れました。

確かに美しい本なのですが、
「世界一美しい」とはちょっと言いがたい感じ。
日本の出版社の製本、装丁はシュタイデル出版社に負けていない、
と言うより、むしろ勝っているものがざらにあるからです。

でも、この小振りの写真集の作りも、
ソール・ライターの色あせたストリートフォトも、
私の気に入りました。

カルティエ=ブレッソンと私のロボグラフィを線で結ぶ、
という、大胆不敵な行動に出てみましょう。
丁度その中点よりちょっとカルティエ=ブレッソン寄りに、
ソール・ライターは位置している、そんな感じがします。

私がいつも撮っているロボグラフィそっくりさんまで、
時折出現します。
ますます、嬉しくなります。

今回はペッツヴァール58㎜F2.3による新大阪パート2。
私には理想的なペッツヴァール表現と見えるのですが.....?







b0226423_1121185.jpg
b0226423_11211072.jpg
b0226423_1121526.jpg
b0226423_11205246.jpg
b0226423_1120465.jpg
b0226423_11203955.jpg
b0226423_11203331.jpg
b0226423_11202841.jpg
b0226423_11202218.jpg
b0226423_11201727.jpg
b0226423_11201154.jpg
b0226423_112062.jpg
b0226423_11195914.jpg
b0226423_11195397.jpg
b0226423_11194754.jpg
b0226423_11194277.jpg
b0226423_11193679.jpg
b0226423_11193088.jpg
b0226423_11192571.jpg
b0226423_11191930.jpg
b0226423_11191388.jpg
b0226423_1119892.jpg
b0226423_1119282.jpg
b0226423_11185636.jpg
b0226423_11185084.jpg
b0226423_11184458.jpg
b0226423_11183997.jpg
b0226423_11183271.jpg
b0226423_11182596.jpg
b0226423_11181814.jpg
b0226423_11181221.jpg
b0226423_1118569.jpg
b0226423_11175896.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-05 11:26 | petzval58/2.3 | Comments(0)