レンズ千夜一夜

1547 奈良町(スーパーアンギュロン21㎜F3.4には名剣の切れ味があるようだ)Part 2



前回のスーパーアンギュロン21㎜F3.4の写真をご覧になって、
どんな風にお感じになったでしょうか?

惚れ惚れするほどに颯爽たる描写をしてくれるレンズですね。
さっとイメージがよぎりました。
佐々木小次郎の燕返し!
そんな鮮やかさを感じませんか?

折よく、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
葛城古道のホロゴン写真が連載中。
見比べてみました。
ホロゴンの方にはそのような鮮烈さ切れ味はありません。

巌流島の決闘のときの武蔵を思い出しました。
本当かどうか、知りませんが、
武蔵の武器は、船の櫂を削って作った木刀でした。
決闘の詳細については諸説紛々のようですが、
武蔵が勝って、小次郎が命を失ったことは間違いがないようです。
でも、勝因は武器の違いにではなく、
あくまでも剣士としての力量の違いにあったのでしょう。

ということは、スーパーアンギュロンとホロゴンの決闘も、
結局は撮影者の技能がものを言うことになりそうですね。
こんな風に楽しみに書いてきましたが、
私はこの超広角レンズの横綱たちを争わせるつもりはありません。
ホロゴン好みはそれとして、
スーパーアンギュロンの鮮烈な描写も楽しませて頂きましょう。

残り写真を掲載しますが、
一枚目は前回掲載漏れの阿修羅さんです。
こんな風に祈りたいものですね。





b0226423_13494691.jpg
b0226423_13493772.jpg
b0226423_1346487.jpg
b0226423_13455840.jpg
b0226423_13455291.jpg
b0226423_13454375.jpg
b0226423_13453841.jpg
b0226423_13453260.jpg
b0226423_13452650.jpg
b0226423_13451892.jpg
b0226423_13451123.jpg
b0226423_1345447.jpg
b0226423_1344586.jpg
b0226423_13445251.jpg
b0226423_13444786.jpg
b0226423_13444144.jpg
b0226423_1344358.jpg
b0226423_13442997.jpg
b0226423_13442380.jpg
b0226423_13441720.jpg
b0226423_13441081.jpg
b0226423_1344483.jpg
b0226423_13435790.jpg
b0226423_13435224.jpg
b0226423_13434791.jpg
b0226423_13434097.jpg
b0226423_13433556.jpg
b0226423_13432945.jpg
b0226423_1343224.jpg
b0226423_1343166.jpg
b0226423_13431041.jpg
b0226423_1343476.jpg
b0226423_1342578.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-30 13:56 | SuperAngulon21/3.4 | Comments(2)
Commented by Kiki at 2016-03-30 20:28 x
お写真、拝見させていただきました。私はgxrで使用してますが、スーパーアンギュロンで撮影した写真は実際に見たときよりも、被写体の存在感を意識させてくれます。本当に贅沢なレンズですね。このレンズに出会えて良かったです。
Commented by Sha-Sindbad at 2016-03-31 20:10
Kikiさん
本当におっしゃるとおりですね。
TASCHEN刊の「JEANLOUP SIEFF」お持ちでしょうか?
大部の写真集なのに、3900円と格安。
でも、中身は極上。そのかなり多くがスーパーアンギュロン。
そして、ブログ写真家の雄も使い手です。
Yoshi-A の写真の楽しみ
(http://yoshipass.exblog.jp/)
この二人の写真家のスーパーアンギュロン写真を観ていると、
ますますこのレンズが好きになりますよ。