レンズ千夜一夜

1544 魔術師(ゾンネタール50mmF1.1Softも変幻自在らしい)

神戸元町の中華街で久しぶりにゾンネタール50mmF1.1Softを使いました。
これはまさに革命的!
ライカMマウントなので、最短撮影距離は80cm程度しかありません。
Mマウントアダプタを付けることで、劇的に短縮されました。
もともと開放値がf1.1とドラマチックにヘアピンなのですから、
さらに接近するにつれて、
バックグラウンドのぼけ具合はさらにソフトになります。
35mm用のゾンネタールがCマウントのキノプラズマートの雰囲気に近づく、
そんな楽しみが生まれました。
ライカマウントレンズの柔和な味わいをさらに劇的に強化してくれるのです。
今度はズマールを試してみましょう。

ただし、今回の作例はそうした柔和さとは無縁。
魔術性を強調したい、そんなメタモル写真です。





b0226423_2225509.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-28 01:18 | SonnetarS50mmF1.1 | Comments(0)