レンズ千夜一夜

1517 claire de lune(12月、ホロゴン15㎜F8Mは京都吉田山で光と影に出会った)





b0226423_16194592.jpg






ドビュッシーに「月の光」という名曲があります。
現代は「claire de lune」
近頃、とても好きな演奏を見つけました。

David Oistrakh, Debussy - Clair de lune
(https://www.youtube.com/watch?v=SKd0VII-l3A)

他の大ヴァイオリニストでも出せないような、
ふっくらとして温かい音色がとてもこの曲に合っている、
そんな感じがするのです。

この曲に幾度も耳を傾けて、ふっと感じました。
そうなんだ、ぼくも、こんな雰囲気の写真を撮りたいんだなあ。
いつもながらも我田引水的類推ですが、
私は、私の人生の主人公なのですから、
気ままにさせていただきましょう。

そう思った理由は、今回の一枚にあります。
京都の午後、吉田山を越えました。
その途中、いつものように、
ホロゴン15㎜F8Mを腰あたりに構えて、
ノーファインダーでシャッターを切りました。
なんの変哲もない切り通し風の土壁で出会った自分の影。
曖昧模糊な印象だけど、
撮りたかったものははっきりしている。
主演は私なのですが、
助演は12月の光。
by Sha-Sindbad | 2016-02-15 16:21 | Hologon15/8Degital | Comments(0)