レンズ千夜一夜

1508 文房具ファンタジー(ダブルメニスカスアクロマート63mmF4.8で企業スパイごっこ)



1月30日土曜日、うれしい日でした。
ヨドバシカメラに修理に出していたソニーα7が帰ってきた!

まったく理由なく、と、自分で思っているだけで、
なにか原因があったはずなのですが、
突然に壊れてしまったシャッター幕。
返却カウンターで対面。
病気は完治したようです。
3ヶ月の保証付きです。
人間の病気にもこんな保証をつけて欲しいですね。
「完治保証 
保証期間は生存全期間」
まず32ギガのSDカードと電池をセット。
4月30日までバンバン使いましょう。

そして、さっそくレンズをセット。
ダブルメニスカスアクロマート63mmF4.8
1910年代のレンズなのだそうです。
レンズ自身の直径がせいぜい19㎜、
鏡胴の大きさも直径25㎜、
ライカMマウント部を除く長さが50㎜、と、
63㎜の長めの標準レンズとしてはかなり小型。
使えば使うほどに、持てば持つほどに、
愛着のにじみ出て来る愛らしいレンズです。

カウンターから振り向いて、
近くのベンチで待っている男性を撮影。
見事に撮れました。
早速ヨドバシの地下2階、文房具売場を撮影。

このレンズ、絞ればさらに怪物ぶりを発揮しそうですが、
性格上、どうも絞りたくないので、
当分は開放専科で使います。

レンズの包みに付いていた輪ゴムをもらって、
絞りレバーをレンズに固定。
体裁の悪いことはしたくない、そんな気持ちで、
輪ゴムなどレンズに巻く人は少ないですね。
私は身なりも含めて、完全実質主義。
みすぼらしいけど、気になりません。
人にどう思われるか気にしないのが私の性格。

F4.8もあるのですから、被写界深度がかなりあって、
一見、ボケの効果など期待できないのですが、
実は文字通り朦朧状態で撮れます。
合焦部分も朦朧。
でも、拡大してみると、ピントの芯はしっかりとしている。
ソフトレンズとしての最適条件を満たしているという感じ。

エルマジ95mmF2.4で、私のレンズ歴は打ち止めにして、
これからは生活費も足しにするために、
ひたすら売却一方に、そう心に決めたのに、
このレンズには抵抗できませんでした。

まるで禅の境地に遊ぶような幽玄レンズ。
久々の愛機ソニーα7とともに、
すっと手になじみました。
なんだかヨドバシカメラをぐるぐる回るだけでも、
楽しいロボグラフィがどっさり撮れそう。
でも、企業スパイと間違われそうですね。
よしましょう。




b0226423_13321826.jpg
b0226423_13321368.jpg
b0226423_1332840.jpg
b0226423_1332313.jpg
b0226423_13315627.jpg
b0226423_13315086.jpg
b0226423_13314351.jpg
b0226423_13313862.jpg
b0226423_13313170.jpg
b0226423_13312699.jpg
b0226423_13312189.jpg
b0226423_13311680.jpg
b0226423_13311026.jpg
b0226423_1331543.jpg
b0226423_13305858.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-31 13:36 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)