レンズ千夜一夜

1484 白毫寺町で(ズミルックス35mmF1.4曰く、変幻自在は我が内にあり)



12月25日金曜日、所用があって、白毫寺町に参りました。
どんなときでもカメラは必ず持参します。
ソニーα7
ズミルックス35mmF1.4

第一世代です。
開放的で大暴れすることで有名ですね。

三国志演義の張飛とか水滸伝の黒旋風李逵とかのように
男性的な暴れん坊ではなくても、
「風とともに去りぬ」のスカーレット・オハラななみの、
専制的な美女の奔放さを楽しめるのではないか、
そう期待していたのですが、大はずれ。
私が手に入れたときは、銀塩で撮ることを止め、
ソニーα7やライカM9のデジタルカメラでの使用したせいなのでしょうか?

それどころか、なんだかかなり優等生に変身。
とても大らかなのです。
画像はとても美しい。
でも、メタモルフォーゼはほとんど期待できません。
すでに13回記事を書いていますが、羽目を外した写真はついになし。

25日はクリスマス。
サンタさん、
ズミルックスをスカーレット・オハラに変身させてください、
そう心にお願いしながら歩きました。
なんだか、願いを聞き入れてくださった、そんな感じがするのですが..........




b0226423_23261141.jpg
b0226423_2326477.jpg
b0226423_23255829.jpg
b0226423_23255362.jpg
b0226423_23254827.jpg
b0226423_23254259.jpg
b0226423_23253767.jpg
b0226423_23253193.jpg
b0226423_23252635.jpg
b0226423_23252083.jpg
b0226423_2324464.jpg
b0226423_23243876.jpg
b0226423_23243398.jpg
b0226423_23242643.jpg
b0226423_23242147.jpg
b0226423_23241592.jpg
b0226423_2324972.jpg
b0226423_2324433.jpg
b0226423_23235848.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-12-28 23:28 | Summilux35/1.4 | Comments(0)