レンズ千夜一夜

1458 5Pictures(バランタン70mmF3.5が奈良町夢幻を演出し)

大阪梅田のNHKカルチャーセンターの吉田正さんの教室、
11月19日木曜日が2回目でした。

写真を初めたばかりの方から数年の方まで、
それぞれにその方なりにしっかりとした方向性で、
一定の質のそろった作品をご持参になりました。

まったく呆気にとられてしまいます。
私が人並みに写真が撮れるようになるまで10年はかかったのに!
写真の才能の違いだよ。
そう言われたら、ぐうの音も出ません。

私が持参したのは、奈良町の5枚セット。
組写真ではありません。
同じ日に撮った写真を並べてみました、
ただそれだけのスタンス。

吉田正さんから「どんなレンズで撮ったの?」と尋ねられて、
ついうっかり答えてしまいました。
「宮崎貞安さんが作った新作のアポクアリア35mmf1.4です」
終わってからふっと気づきました、
「違った!
バランタン70mmF3.5だった!」

そう勘違いさせる位、
アポクアリアの表現力が広いということなのですが、
よくよく観ると、
これらの5枚の描写は100年以上前のレンズにしか撮れない、
そんな時代性を感じさせてくれます。

やっぱり、ペッツヴァール!
ソニーα7というデジカメで撮っているのですが、
描写性はあくまでも銀塩フィルム風です。
めざましいほどの鮮烈感は絶無ですが、
私にはもともとデジタルレンズの超絶精密画像は無縁。

やはり野に置け古代レンズ草




b0226423_11233593.jpg
b0226423_11232631.jpg
b0226423_11231864.jpg
b0226423_1123639.jpg
b0226423_11225451.jpg




[号外!]
今回のレンズの貸主、中将姫光学さんの最新記事をご覧下さい!
100年以上前の200㎜ペッツヴァールレンズを駆使しての、
イコン!
(http://zunow.blog51.fc2.com/?no=3630)
by Sha-Sindbad | 2015-11-19 23:01 | Valantin70/3.5 | Comments(0)