レンズ千夜一夜

1456 マネキン試写(アポクアリア35mmF1.4とピエロマネキンの対決の結果は?)


今回と次回の2回に分けて、
大阪天満橋筋商店街でのアポクアリア35mmF1.4の試写をご覧頂きます。
私にとって、大阪天満橋筋商店街の天王山は一つの洋品店にあります。
おそらく女性がピエロに化けたマネキン。

よくできています。
世界中にマネキンって、何体あるでしょうね?
人間と見間違うほどにリアルなマネキンもあります。
本物の人間を使ってプールで型取りをするのだそうです。
このピエロマネキンはそんな作り方ではないのでしょうけど、
頭部のリアルさではトップクラス。
とにかく写真に撮りたくなる姿。

今回は、横と縦を開放からの3絞りで撮りました。
開放、F2、F2.8
横位置写真はなぜか絞りを変えるたびに、
撮影位置を前後させてしまったようで、
試写としては失格。
でも、横も縦も、絞るにつれて、画像が締まっていく、
そんな移りゆきを楽しむことができます。

でも、私には開放で十分!
人間でもそうですが、レンズは締まり過ぎは避けたいですね。
ゆとり、余裕があってこそ、写真がふわりと心に入ってきます。
どうだ、これでもかあ!
なんてぐいぐい迫られたら、思わずたじろいでしまいます。
隙がないと、写真も人間もあまりお付き合いしたくない。
どうやら宮崎貞安さんは、ゾンネタール50㎜F1.1に続いて、
35㎜でも傑作レンズを創造されたようです。




まず、横位置をご覧下さい。



b0226423_14435583.jpg
b0226423_14434933.jpg
b0226423_14434258.jpg




次は、縦位置。



b0226423_1448636.jpg
b0226423_14442469.jpg
b0226423_14441840.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-11-16 14:49 | Apoquaria35/1.4 | Comments(2)
Commented by Ethel Hallow at 2016-09-19 08:39 x
はじめまして。
 素晴らしい描写ですね。さすが、日本の職人さんの心意気が伝わってきそうです。
ところで、このアンニュイなマネキンさん、商店街のどの辺りですか? よろしければ、お教え下さると私も撮影したいです。只今、京都を離れ、大阪天満橋北詰に住んでいるものですら...。よろしくお願いします。
Commented by Sha-Sindbad at 2016-09-20 21:44
Ethel Hallowさん
はじめまして。
このマネキンさん、本当に素晴らしいでしょう。
そして、このレンズがまた最高なので、余計にマネキンさんが輝いていますね。
JR天満駅から商店街をまっすぐ北上してください。
2本目ですか、天六との中間あたりに、ちょっと広い東西の通りと交差します。
その北東角の洋品店です。
ご主人にちょっと断ってから、撮影してください。
丁寧にお願いされると、あっさり承諾していただけます。
私も今後もずっとレンズ試写に使わせて頂きたいとお願いしているので、
そのあたり、よろしくご協力をお願いします。