レンズ千夜一夜

1452 ユニバーサルシティ(アポクアリア35mmF1.4はときにはきらびやかに)



コマーシャルのコピーもときにはうがったことを言うものです。
ユニバーサルシティから西九条に向かうJR線の車内広告。

「2人きりでないと、
人間、
ぶっちゃけられないよ」

もう今では気に留める人なんていないかも知れませんが、
実存哲学の巨人カール・ヤスパースも同じことを考えていたようです。
真に実存する人間存在の本質を規定して、
「愛しながらの闘争」であると言ったのですから。
単刀直入な言い方で、ちょっと笑ってしまいました。

でも、うがったことを言ったからと言って、
キャッチコピーとして効果的だとは言えるでしょうか?
あなた、この言葉から何の広告か、分かりますか?
特定のなにかを購入したいという気持ちになりますか?

ユニバーサルシティは、ユニバーサルスタジオジャパンの駅。
いつも期待に目を輝かせた若者たちがどっと下車します。
ほとんどが若い女性。
男性はなにをしているんでしょうねえ?

まだ入ったことがありませんし、入る気もありません。
イベントが大嫌い。
人の集まる場所も大嫌い。
安っぽいデザインや配色も見たくない。
でも、揚琴レッスンの前に10分ほどの空き時間を使いたい。
というわけで、こんなものたちをいつも撮っています。

アポクアリア35mmF1.4、こんな場所になると、
やっぱり現代レンズなんだな、という感触。
もう少し色を抑えたいですね。
もちろん私のロボグラフィ眼は色のすくないものばかり見つけます。
でも、ソニーの画像のパラメータを全部最低にしても、
まだキンキンキラキラという感触が残ります。
今度はライカM9に変えてみます。

それにしても、いつも思うこと、
現代人の色感覚って、ちょっとおかしいんじゃないかな?
音感覚だって、そうですね。
騒音が静音に聞こえるらしい。
みんな難聴なんじゃないかな?

古池や蛙飛びこむ水の音
そんな感覚はもう消えて行くのでしょうか?




b0226423_11474734.jpg
b0226423_11474184.jpg
b0226423_11473453.jpg
b0226423_11472676.jpg
b0226423_11472059.jpg
b0226423_11471232.jpg
b0226423_1147697.jpg
b0226423_11465996.jpg
b0226423_1146539.jpg
b0226423_11464762.jpg
b0226423_11464297.jpg
b0226423_11463641.jpg
b0226423_1146293.jpg
b0226423_11462338.jpg
b0226423_11461674.jpg
b0226423_11461081.jpg
b0226423_1146428.jpg
b0226423_11455777.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-11-10 11:54 | Apoquaria35/1.4 | Comments(0)