レンズ千夜一夜

1450 もう一本、オールドも(ローデンシュトック55㎜F2.2が静かに歌を歌い)



アポクアリア35mmF1.4をニュークラシックと呼びましたが、
前回のバランタン70mmF3.5の写真を見ると、
周辺のいわば手仕舞いの感触がアポクアリアの方が自然かな、
という感じ。

そこで、もう一本、ペッツヴァールを並べてみることにしました。
ローデンシュトック55㎜F2.2
すでに私の手元にはない(当たり前だ、借りていただけなのに!)、
いわば幻のレンズですが、
その味わいはやっぱり格別。
むしろ魔のレンズと言いたい位。

でも、アポクアリア35mmF1.4はやっぱり負けていない、
そんな感じですね。




b0226423_1049094.jpg
b0226423_10485360.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-11-08 10:50 | Rodenstock55/2.2 | Comments(2)
Commented by 川越 at 2015-11-08 13:11 x
この2つのオールドレンズの写りと、宮崎レンズの写りはとても似ている部分があります。そこが現代のコピーレンズとの大きな違いで、これがなんという収差の影響なのかわかりませんけどとても魅力的な写りです。大メーカーには絶対に真似のできない部分でしょうね。
Commented by Sha-Sindbad at 2015-11-09 21:47
川越さんもそんな印象を抱かれることで、
私がモダーンクラシックと呼びたくなるのも無理はないと分かります。
乾いたところがなく、とてもしっとりとした質感が素敵ですね。