レンズ千夜一夜

1444 奈良町ロボグラフィ(バランタン75mmF3.5はさりげない一瞬を永遠に?)



10月28日木曜日午後2時40分出発。
近鉄奈良駅までバスで出ました。
なぜ出たか?
TSUTAYAのDVD4枚を返すため。
定期16枚の配信を受けているのですが、
今日返さないと、残り2枚が配達してもらえないから。
でも、近所のバス停のポストに入れて、ご用は完了。
でも、バスに乗りました。
特別の用がなくとも、私の日常の生きる行為を、
つまり、撮影をしばらく楽しむため。

午後3時に駅に到着。
近鉄奈良駅から東向通りから餅飯殿通りまで、
奈良町に直通するストリートをそぞろ歩きして、
約45分後に引き返しました。

持参したセットはスペシャルです。
ボディはソニーα7
レンズはペッツヴァールです。

中将姫光学さんからお借りしている、
バランタン75mmF3.5
75mmというのは、私にとってはとても撮りやすい焦点距離。
いわば望遠と標準の両方の利点を兼ね備えた、万能レンズです。
奈良町でもこの利点を発揮してくれました。
撮りやすいこと、この上なし。

このレンズを貸してくださった中将姫光学さん、
10月5日の記事「あいつを始末してくるんだ」以来、行方不明。
もっとも本ブログのNo.1438にコメント頂いたのは23日なので、
実は1週間になりませんが、
まさか、始末されたのは中将姫光学さんではないだろう、
と思いつつ、いったいどうしているだろうな?
ということで、今日は中将姫光学さんのレンズを持ち出したのです。
これが大成功。
ちょうど1時間で、163枚ですから、大した撮影量ではありません。
でも、大好きなロボグラフィを次々と見つけてくれました。

その詳細は別ブログ「わが友ホロゴン」に
いずれ紹介させていただくことにして、
今回は、私を一番満足させてくれた1枚をごらん頂きましょう。

さりげない一瞬を永遠にしてくれるレンズ、
そう言わせていただきたいのですが、大げさでしょうか?




b0226423_23301967.jpg




    [後書き]
       なお、中将姫光学さんはご無事でした。
       今日彼のブログを訪問すると、
       奔流のように記事がどっさり出現。
       記事作成日はずっと以前の日付なのに、
       昨日までは見ることができませんでした。
       彼ご本人の代わりに、彼の記事たちが、
       殺し屋から身を隠していたのでしょうか?
by Sha-Sindbad | 2015-10-31 23:38 | Valantin70/3.5 | Comments(0)