レンズ千夜一夜

1417 加美の通り (大阪の下町加美はホロゴン15㎜F8Uとも相性がよいらしい)



表題にああは書きましたが、
実のところ、どんなストリートでもホロゴン15㎜F8Uは相性よしのようです。
どうやら、このレンズ特有の激しい周辺減光のお蔭らしい、
そんな感じがしています。
どんなものにレンズを向けても、
この周辺減光が構図まがいの枠組みを作ってくれるからです。

そこで気づいたのですが、
ホロゴンウルトラワイド時代、
私はやっぱりまだ屈託があったらしい。
持ち方の問題です。
カメラ本体の側面から少しでも指が出ると写ってしまう。
だから、ちょっと大きめのカメラなのに、持ち方は特殊でした。
画家は構図をとるために、両手の指で長方形を作りますね。
あんな手つきでボディを握らなくてはならなかったのです。
その分だけ、カメラに気を使っていたらしい。

ソニーα7では、グリップを握ったままでも平気で撮れます。
その分だけ、カメラはさらに黒子に徹してくれているらしい。




b0226423_2157177.jpg
b0226423_21571142.jpg
b0226423_2157685.jpg
b0226423_2157095.jpg
b0226423_21565413.jpg
b0226423_21564880.jpg
b0226423_21564392.jpg
b0226423_21563733.jpg
b0226423_21563133.jpg
b0226423_21562268.jpg
b0226423_21561669.jpg
b0226423_2156923.jpg
b0226423_2156222.jpg
b0226423_21555736.jpg
b0226423_2155527.jpg
b0226423_2155462.jpg
b0226423_21553916.jpg
b0226423_21553352.jpg
b0226423_2155276.jpg
b0226423_21552182.jpg
b0226423_21551627.jpg
b0226423_21551397.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-30 22:00 | Hologon15/8U | Comments(0)