レンズ千夜一夜

1403 ゴージャス(ついにホロゴンウルトラワイドがMマウントレンズに変身した!)



2015年9月7日は記念すべき日となりました。
19年間愛用してきたホロゴンウルトラワイドについにお別れを告げたのです。
ただし、ホロゴンだけはライカMマウントとして生まれ変わりました。
すでに幾度か書いてきましたホロゴン15㎜F8Uとして。

神戸のカメラ修理専門のKリペアさんにお願いしたのです。
神戸埠頭の倉庫群の中の古い倉庫の1階にあります。
その入り口の卓上にホロゴン15㎜F8Uが待っていました。
実に可愛く、飾り気のない沈胴レンズ。

可動部分、調整部分は零。
つまり、撮影時に調整すべきファクターはなにもない!
ただ撮るだけ!

Kリペアさんは、ホロゴンの焦点位置を3mに設定されていました。
私は、1mへの変更をお願いしました。
レンズの後半鏡胴部には3点ビス止め。
このビスを外すと、レンズ本体を回すことで、
焦点位置を変更できます。

ところが、その結果はおどろくべきものでした。
私の知らなかった2つの事実を知ることができたのです。
①焦点位置を3mにしても1mにしても、ほとんど変わらない。
②どちらにせよ、30㎝ほどに超接近しても、ちゃんと撮れる!
ほんの少しズレにいるのですが、ほとんど分からない。

ああ、私はそんなことも知らないで、撮っていたのです。
焦点位置は1.5mにセットしてあるので、60㎝あたりから無限遠まで、
これがホロゴンの被写界深度、そう教えられていました。
私のホロゴンウルトラワイドは違いました。
6mほどにセットされ、30㎝あたりまで被写界深度が及んでいた!
なんだ、これじゃ、どんな距離の被写体だって、撮れる!
万能だったのです!

三宮センター街のショーウィンドウ内の着物。
およそ60㎝あたりの距離で撮りました。
完璧にピントが来ています。
当たり前。




b0226423_2140899.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-08 21:43 | Hologon15/8U | Comments(2)
Commented by yoshipass at 2015-09-09 00:14
ホロゴン15㎜F8U、遂に登場ですね。
ますます楽しみに拝見します!
Commented by Sha-Sindbad at 2015-09-09 14:08
yoshiさん
ありがとうございます。
さらに生活が楽しくなりそうです。