レンズ千夜一夜

1347 モンスター登場!(メオスティグマート50㎜F1は化け物検出器か?)



昨夜、書斎の机に向かっているときのことです。
パソコンのCRTからすっと視線を左に逸らした、その先に、
モンスターの横顔がぬっと出現しました。

こんなときは、もっとも明るく、もっとも接近できるレンズを使いたい。
ゾンネタール50㎜F1.1はライカMマウントなので、最短は80㎝。
そこで登場したのがメオスティグマート50㎜F1。
Nexマウントアダプターに接着されたボール紙鏡胴に、
レンズを滑り込ませただけですから、
これをずっと引き出していけば、事実上どこまでも近づけるレンズです。

絞り紐の開口部がついた収納袋の口あたりに一見見えますが、
撮ってみると、やっぱりモンスターでした。




b0226423_1054820.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-06-12 11:09 | Meostigmat50/1 | Comments(2)
Commented by a1photo at 2015-06-15 12:36
『類は友を呼ぶ』
…選ばれた人にだけ、やはり本当だったのですね。
Commented by Sha-Sindbad at 2015-06-15 18:56
a1photoさん
そうなのです。
だから、こいつを見つけたとき、
あっ、a1photoさんだっ!
あえて本文には書きませんでしたが、
ご本人が名乗り出てきたので、この際、明らかにさせていただきます。