レンズ千夜一夜

253 リアルから夢へ (ダルメイヤー25㎜F1.9なら、なんでも夢の境地へ?)



b0226423_14291753.jpg
b0226423_14291150.jpg
b0226423_14282955.jpg
b0226423_14282434.jpg
b0226423_14281817.jpg
b0226423_14281014.jpg
b0226423_142855.jpg






ダルメイヤー25㎜F1.9
この小さなレンズがペッツヴァール型であることは、
以前から知っていました。

    でも、だから、どうだってことはありませんでした。
    他にペッツヴァールレンズを見たことがなかったからです。

やがて、中将姫光学さんのブログが変貌し、
主にペッツヴァールレンズをお使いになるようになっても、

    これは中将姫光学さんの女性ポートレート中心の写真生活上、
    柔和、典雅な雰囲気を醸し出したいがための選択なんだろう、
    それに、長玉ばかりで、超広角中心の私には無縁の世界、
    そう感じて、自分の写真生活にこれを取り入れたいという気持ちは、
    まるで浮かびませんでした。

ところが、Petzvalさんとお会いして、
ローデンシュトック55mmF2.2を使わせていただいて、
ペッツヴァールレンズはにわかに私の写真生活にまさに乱入しました。

    となると、すでに持っているペッツヴァール型のダルメイヤーを、
    使って見なきゃ、という切実な気持ちに駆り立てられました。

沢山撮りましたから、いずれ別ブログ「わが友ホロゴン」に掲載します。

    今回はそのサンプルを7枚だけ。
    確かにペッツヴァールですね。
by Sha-Sindbad | 2015-02-08 14:55 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(6)
Commented by petzval at 2015-02-08 18:30 x
フルプレート用の長焦点も55mmもペッツヴァールなら、
25mm f1.9だってペッツヴァールですよ!
ロボグラフィ駆け出しの私みたいな者に、
これぞペッツヴァールの神髄!なんて写真は撮れませんが、
Shaさんの勇気に励まされ、
私も久しぶりに美女を撮ってみました!(笑)
http://yahoo.jp/box/5hUlzi
レンズが手に入っても、美女がなかなか手に入らない場合は、
皺が深く刻まれた老人にモデルになってもらうと、すごいですよ。
怖いぐらいですよ。
25mm f1.9でも、Shaさんの腕をもってすれば、
同じことが出来ますよ!
Commented by Sha-Sindbad at 2015-02-08 22:34
petzvalさん
ダルメイヤーもいいですねえ、
というより、petzvalさんのロボグラフィ、素敵ですね。
私がとくに気に入ったのは、
P2080008.JPG
P2080019.JPG
P2080020.JPG
P2080036.JPG
P2080041.JPG
P2080050.JPG
P2080066.JPG
P2080067.JPG
P2080068.JPG
P2080069.JPG
P2080089.JPG
P2080099.JPG
P2080120.JPG
P2080126.JPG
P2080132.JPG
P2080138.JPG
P2080141.JPG
P2080150.JPG
petzvalさんの方が私よりもかなりデモーニッシュに傾きますね。
やっぱりメフィストかな?
孫がおじいちゃんに抱かれてこう言ったそうです、
「おじいちゃん、どうしてそんなにややこしい顔してるの?」
こんなややこしい顔って、絵になりますね。
いつか試してみましょう。
Commented by 中将姫光学研究所 at 2015-02-09 07:00 x
こんばんは。
わたしの場合は、まずレンズが先です。女性が撮影したいのでペッツバールを使用したのではなく、ペッツバールを入手してから風景用レンズに対して人物撮影用として設計されたレンズだと知り、ポートレイトもどきを撮るようになったというのが経緯です。もちろんペッツバールで何を撮っても自由なのですが、本来の目的を一切無視するのは本意ではありません。
女性ばかり撮っているのはなぜかと言えば、晴れ着を着てたり、ミス○○だったり女性の方が圧倒的に撮らせてくれる確率が高いからです。一般の男性が撮らせてくれと言われれば不審に思われるばかりでしょう。
焦点距離も50mmくらいが使えれば、今までのライカマウントレンズとの流れからいちばん使いやすいと理解していますが、この焦点距離のペッツバールは極端に少なく、わたしも58mmF2,3くらいの無銘レンズを入手はしたものの、本来のペッツバールの設計とは違うようで、まだ積極的には使用できていません。また、ダゲレオタイプの写真を何枚か手に入れて35mm版に置き換えて比較してみましたが、周辺部の描写を鑑みると70mmでも短すぎるようで、100mmくらいの焦点距離が35mmフォーマットには相応するように思われたので、この焦点距離を主体にすべきと結論しました。
今後は、中判、大判と挑戦したいのですが、器材が見つからずなかなか先に進めないのが現状となっています。
余計なコメントで申し訳ありませんが、誤解があるかも知れないと思い、長々書き込み失礼させていただきました。
Commented by petzval at 2015-02-09 08:22 x

おはようございます!
Shaさん、お褒めいただきありがとうございます。
でも、私はメフィストフェレスなんかじゃないですよ。
どちらかと言うと、最後に自分のとんでもない間違いに気づき、
赤面・悲憤し、そのショックで死んでしまうドンキホーテの方です。
デモーニッシュ?
雨で自転車に乗れないと、そうなってしまうんです(涙)
ピッチピッチチャプチャルランランラン♪と行きたいですが、
両手がフリーになって、なおかつ、カメラが濡れないような傘が欲しいところです。ダゲレオやタルボットやペッツヴァールに匹敵する世紀の大発明!なんて言える様なhands free umbrellaを誰か発明してくれないでしょうか。。。

中将姫さん、
はじめまして!
すばらしい写真群を陰ながら拝見させてもらっております。
ぜひとも大判に挑戦され、ニコラペルシャイトで数多の美女をなで切りにされるのを心待ちにしております。
確かに19世紀の古いレンズをまっとうに使うのは難しいですよね、いろいろ問題がありますよね。
でも、そういうことに本気で取り組んでいる人はきわめて少ないので、ぜひともがんばっていただきたいと思います。よろしく!
Commented by Sha-Sindbad at 2015-02-09 22:38
中将姫光学さん
本当のところ、中将姫光学さんの場合、私が一番好きなのは、
アジアの旅での懐かしい風情に溢れた街路での人物スナップ。
空気感としみじみとした郷愁があって、一流の写真家の風格があります。
そんな中将姫光学さんですから、日本で女性をお撮りになれば、
優れた写真が続々と生まれてくるのは当然だと思って、
楽しませていただいています。
女性たちがとてもリラックスして、美しい表情をしているのは、
もちろん中将姫光学さん持ち前の上品な風貌、物腰、
穏やかな話し振りのせいで、これは真似ができません。
そんな中将姫光学さんにペッツヴァールは鬼に金棒。
数々のペッツヴァールレンズを駆使される日々、かなり幸せの表情を感じます。
petzvalさんが期待されるように、
中判、大判でのペッツヴァールを初めとする19世紀レンズの写りを、
私も見たいですね。
そして、kinoplasmatさん、ksmtさんと皆さんペッツヴァール持参で、
京都へ繰り出して頂きたいものです。
petzvalさんを紹介します。
談論風発、率直明快の快男児です。
Commented by Sha-Sindbad at 2015-02-09 22:46
petzvalさん
私もそんな傘を夢見たことがあります。
帽子からなにか怪光線を走らせて、
落下して来る雨を消してしまう、そんな装置。
どんな豪雨でも、帽子の周囲半径1mには雨はない。
そんな装置。
それとも、直径1mの軽い傘帽子。
誰か作りませんかねえ?
もっとも、私にとって、雨こそ、最高の撮影条件。
実のところ、濡れてでも撮ります。
それなのに、一度も雨が原因でカメラが故障したことがありません。
だから、雨に濡れるのをあまり気にしていません。