レンズ千夜一夜

1245 美章園高架下商店街 (コーラルH45mmF1.9はまるでノクトン)



アイレス写真機製作所が1959年発売したレンジファインダーカメラが、
アイレスバイカウント(Aires Viscount)
そこに付けられたレンズは、

    コーラルH45mmF1.9。

当時一流だったフォクトレンダーのプロミネントに対抗する、
日本製だったようです。
レンズもノクトン50mmF1.5に対抗して、F1.5まで用意されたようです。

畏友RAさんからお借りして使ってみました。

    ライカMマウント改造版です。
    まるでノクトン50mmF1.5そっくりに華麗で切れがいい。
    
このあたりの日本製レンズの性能は、
なかなかどうしてドイツ製に負けていません。

    レンズに堪能な写真家なら区別できるのかも知れません。
    でも、コーラルとノクトンの写真をランダムに見せられたら、
    両レンズの写りの差を判別できる人がどれだけいるでしょう?

    昔、ヤシカコンタックスのツァイスレンズが評判をとったとき、
    写真を見て正確に判別できたのは林忠彦さんだけだった、
    というお話を聞いたことがあります。

コーラルH45mmF1.9も、堂々たる標準レンズですが、
今では知る人ぞ知る、マイナークラシックの位置に甘んじています。

    日本製であることが邪魔をしたかも知れませんね。
    私の印象は、ノクトンと比べると、やや立派すぎる写り。
    ほとんど完璧な描写力。
    私のように、破綻だらけのレンズに魅力を感じる人間には、
    破綻がないのが、どこか物足りないという感じ。

これは当時の他の日本製クラシックレンズと共通している不満。

    独仏英のレンズたちが見せてくれるような、
    はじけるような閃き、きらめきをどこかに感じる、
    そんな遊び、余裕が心をくすぐります。
    そんな気配がみじんもない、というのはちょっと残念。




b0226423_15394054.jpg
b0226423_15393520.jpg
b0226423_15392873.jpg
b0226423_15392320.jpg
b0226423_15391610.jpg
b0226423_15391019.jpg
b0226423_1539479.jpg
b0226423_15385825.jpg
b0226423_15385279.jpg
b0226423_1538472.jpg
b0226423_15384162.jpg
b0226423_15383698.jpg
b0226423_15383195.jpg
b0226423_15382490.jpg
b0226423_15381746.jpg
b0226423_15381153.jpg
b0226423_1538592.jpg
b0226423_15375968.jpg
b0226423_15375315.jpg
b0226423_15374716.jpg
b0226423_1537415.jpg
b0226423_1537351.jpg
b0226423_15372920.jpg
b0226423_15372493.jpg
b0226423_15372079.jpg
b0226423_15371349.jpg
b0226423_1537068.jpg
b0226423_15365465.jpg
b0226423_1536488.jpg
b0226423_15364344.jpg
b0226423_15363643.jpg
b0226423_15362866.jpg
b0226423_15362299.jpg
b0226423_15361632.jpg
b0226423_1536830.jpg
b0226423_1536237.jpg
b0226423_15355570.jpg
b0226423_15354952.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-28 15:43 | Coral45/1.9 | Comments(5)
Commented by petzval at 2015-01-29 08:23 x
日本のレンズ。。。
実は、私、使ったことないです(汗)
パンタッカーとはどえらい違いです! これを使うのなら、私にパンタッカーください(笑)
日本の高級品や芸術品にはどことなく。。。
「余裕」や「遊び心」がなく、ギスギスしてます。
高級家具はピカピカの「鏡面仕上げ」にします。
フランスのプロヴァンスの田舎家具はわざといびつにし、虫に食わせたりします。
日本製のミニベルサイユ宮殿はプラスティックの塊で、フランスのは堂々とした石造りです。
イギリスのステーキサンド(サンドイッチ)はパンが少しでステーキが特大、日本の肉じゃがは肉が少しで、ジャガイモがほとんどじゃないですか!
テレビで「最高の日本人フレンチシェフ」なんてのが出て来ます。
現地で修行して来たシェフで、心ある人なら、そんな風に紹介されるのはイヤでしょう。日本でフランス料理なんて出来る訳がないから、そして、それを知り抜いているから、です。みんな「日本では同じ材料が手に入らないから」なんて甘いことを言って慰めとしてますが、真実はそうじゃないですよ。野菜や肉の値段が日本はヨーロッパの5倍〜10倍するから!が真実です。なので、日本のフレンチで出て来るステーキは「ごちそうはちょっとだけ」になります。で、その分ソースに凝って、3種類ぐらいまわりにあしらい「キレイキレイ」にします。要するに、日本で言う「高級品」や「贅沢品」はキレイキレイのピカピカで、こじんまりまとまってるのです。。。
でも、これが日本人の美徳と勘違いしてはいけません。こんな安っぽいものに洗脳されてはいけません。私は軍国主義者ではありませんが、声を大にして:
戦艦大和を、空母大鳳を、零戦を見よ!
と言いたい。これらの製品はブクブク太ったニコンやキャノンのデジタル一眼レフや、ままごとみたいな家電製品や、5年で買い替えのトヨタやレクサスや、使いもしない機能満載のDVDプレーヤー等とは一戦を画する見事なつくりですよ、どこのマネでもないですよ。
戦争に負けたのは仕方ないとして、日本人は日本人本来の美徳をどこに置いて来たんでしょうかねぇ。。。
Commented by petzval at 2015-01-31 08:23 x

昨日はありがとうございました!
写真ライフ最高に楽しい日でした!
また、よろしくお願いします!
さっそくですが、昨日のレンズたちの「贈り物」をYahoo Boxにアップしました。
Shaさんのローデンシュトックと写りがどう違うかぜひとも比較してみてください!

http://yahoo.jp/box/PEx_PF
枚数が多いので、以下の様に小分けしております。
1_dm1 14枚(Dallmeyer 25mm f1.5午前の部)
2_ang 50枚(Angenieux 25mm f0.25午前)
3_dm2 50枚(Dallmeyer 25mm f1.5午後の部)
4_dm2 50枚(Dallmeyer 25mm f1.5夕方の部)
Commented by Sha-Sindbad at 2015-01-31 11:31
petzvalさん
こちらこそありがとうございました。
至福の一日を過ごすことができました。
でも、昨夜はさすがに疲れて、
韓流ドラマを見て寝てしまいました。
今日は一日じっくりとローデンシュトック55mmとつき合ってみます。
有田さんのバッハ「フルートソナタ1番」を聴きながら、
ダルメイヤーとアンジェニューの作品群拝見しました。
これも至福。
別々に撮ったのに、同じものに感じられたばかりでなく、
まったく同じ写真まで幾枚もあって、
もちろん独自の視点のものもどっさりあって、これらがさらに面白い。
petzvalさんが実は天性のロボグファフィストであることを証明しています。
一番印象的だったことは、2本のレンズにほとんど区別がないこと。
ダルメイヤーのレンズの優秀性をはっきり証明しているように思います。
ローデンシュトックとの対比はこれからじっくり検討してみます。
Commented by backpacker88 at 2015-02-01 09:04
ゆったりとまったりと流れる時間を感じさせる下町の光景の数々。
普段都会の雑踏の中で暮らしていると、
なんかホッとするし、癒されます。
Commented by Sha-Sindbad at 2015-02-03 21:44
backpacker88さん
大阪にもまだこんな下町が随所に残されているのですね。
しかも、どこに行っても、そこには生活があります。
それなのに、人が少ない。
群衆嫌いの私には、関西は至福の地です。