レンズ千夜一夜

1018 廃業(スピード・アナスティグマート25mmF1.5は滅びの美学も似合う)



b0226423_22482256.jpg





午後3時45分、孫の家を出て、JR加美駅までの撮影を楽しみました。

    カメラはソニーNex-5A。
    レンズはダルメイヤー、
    スピードアナスティグマート25mmF1.5

究極のボケレンズの逸品です。

    逆光ぎみの撮影で、しかもマイナス1.3に補正しているので、
    ほとんど画面が見えない状態。
    それでも、なんとか撮れるものです。
    半時間で158枚撮りました。

加美駅に近づいたトタン塀の続く細い路地、
向こうから来た60前のサラリーマン風の男性とすれ違いました。

    全身から暗い苦悩を発散しているような姿で、気の毒でした。
    なにを悩んでおられたのでしょうか?
    知りたくはないのですが、気になります。
    もっとも大した苦悩ではないかもしれません。
    苦悩の深さと表情の暗さは必ずしも対応していないからです。
    精神力が表情をコントロールするからですが、
    むしろ笑みを浮かべている人が、
    絶望の縁に立っている可能性だってあります。

さて、先ほどの男性、狭い路地をバックグラウンドに、
なかなか絵になっていました。

    しかも、目を落としたまま。
    撮ろうと思えば、好きなように撮れます。
    でも、撮りませんでした。
    ここで撮るのは、なんだか彼の聖域を侵すようで、
    撮るか撮るまいかなどという選択はちらっとも浮かばず。

今、どんな表情をしているでしょうか?

    案外、ニコニコ満面に笑みかも?
by Sha-sindbad | 2014-05-08 22:49 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)