レンズ千夜一夜

992 下町風情(京二条でマクロスイター26mmF1.1は生き生きと)



b0226423_14151124.jpg
b0226423_1415590.jpg
b0226423_14145852.jpg
b0226423_14145358.jpg




マクロスイター26mmF1.1も、私にとっては、
Cマウントレンズの最高峰の一つ。

    被写界深度を考えますと、開放の深度の浅さは、
    銀塩アルパのマクロスイター50mmF1.8とほぼ同程度でしょうか?

京二条の商店街は、京の街の風情よりはむしろ、
浪速の下町風情。

    オリンパスE-PL1に付けるマクロスイター26mmF1.1は小振りで、
    こんな下町にとてもしっくりととけ込めそう。
    厚みがあって、あたたかい色調、
    これがケルンのレンズの身上かもしれませんね。

    開放写真を4枚並べてみました。
by Sha-sindbad | 2014-04-10 14:17 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)