レンズ千夜一夜

967 卒業シーズン(キノプラズマート19mmf1.5が奈良町に優雅な手を差し伸べて)



b0226423_2215561.jpg
b0226423_2215441.jpg
b0226423_22153934.jpg
b0226423_22153156.jpg
b0226423_22152561.jpg
b0226423_22152258.jpg
b0226423_2215367.jpg
b0226423_22153030.jpg
b0226423_22152284.jpg
b0226423_22151724.jpg
b0226423_22145027.jpg
b0226423_2215674.jpg
b0226423_22144358.jpg
b0226423_22143842.jpg
b0226423_22143092.jpg
b0226423_22143592.jpg





「キノプラズマート」

    良い響きの言葉ですね。
    いかにも美しい写真をプレゼントしてくれそうな響き。

今日出勤に持ち出したのは、その一本。

    キノプラズマート3/4inchF1.5

mmに換算すると、18.75㎜なので、
私はキノプラズマート19mmf1.5と呼んでいます。

    私の持っている、いわば廉価版キノプラズマートの中でも、
    一番デリケートに柔らかなレンズがこれ。

今日は寒さの中に春の兆しとも言えそうな肌触りが混じる、
いかにも端境期のような一日でした。

    キノプラズマート19mmf1.5は出会うものすべてを
    ほんのりとしたフレアで包んでくれます。
    こんな日に似つかわしいレンズ、そう言えそうです。
by Sha-sindbad | 2014-03-14 22:30 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(2)
Commented by bisqueprince at 2014-03-15 02:05 x
キノプラズマート19mm f1.5 こちらのレンズも、深淵を見せてくれますね・・・。sha-sindbadさんの深淵が醸しだされ、キノプラズマートが深淵を増幅する、といった感じでしょうか・・・。
Commented by Sha-sindbad at 2014-03-15 21:53
bisqueprinceさん
私に深淵などありませんよ。
貫禄ゼロの冴えないおじさんです。
ただし、「おっさん」ではありません。
その代わり、レンズたちががんばってくれて、
その味わいだけで撮らせていただいています。