レンズ千夜一夜

954 ゴシック(ビオゴン35mmF3.5PrewarがライカM9についた!)



今日の大阪福島の撮影には、
ホロゴンレン主主義共和国初のセットを用意しました。

    ちなみに、「レン主主義」という言葉は本邦初出の造語。
    私の王国ではレンズが主権を握っているからです。

1週間ほど前にふっと考えたのです。

    オールドコンタックス、ニコンのレンズたち、
    ライカマウントアダプタがあれば、ライカで使える!

さっそく探してみました。

    オールドコンタックスレンズのアダプタがなんと6800円で見つかりました。
    昨日これが届いたのです。

レンジファインダーコンタックスにはビオゴン35mmF2.8が2種あります。

    戦前の小型ビオゴン
    戦後の重武装ビオゴン。

その優劣を巡って、両論があるようです。

    戦後ビオゴンは重厚鮮烈なる描写力を誇ります。
    私にはちょっと凄すぎる感じがあって、たじろいでしまいます。
    
戦前ビオゴンは長い間求めてきたのですが、
オークションでなぜか捨て値で見つかり、あっさり落札。

ツァイスレンズファンにはかなり人気の高いレンズなのに、
なぜなのでしょうね?

    勝手な推測ですが、
    レンズコレクターは捨て値がついたレンズは敬遠する傾向があるようです。
    レンズ説明に記載されていない欠陥があるのではという疑いを抱き、
    とりあえず手は出さないということなのでしょうか?

私は捨て値しか手を出さないので、手を出します。
まだ、ジャンクものをつかまされた経験がありません。

    私は基本的に幸運な人間。
    一頃アジアやヨーロッパのバックストリートばかり歩き回りましたが、
    一度もトラブルにあわず、
    いつも我が家にいるような居心地のよさを感じることができたことも、
    幸運以外のなにものでもないのかもしれません。

さて、届いたアダプタにビオゴンを付けて、
ライカM9に装着しようとしました。

    入らない!
    後玉がかなり深いためです。

ビオゴン21mmやスーパーアンギュロンなら付くのに、より小型の35mmは付きません。
ソニーα7を試してみました。

    入った!
    撮れた!

ヘリコイドもスムーズに回り、見事セットができました。

    ビオゴンαワイド!

福島の路地裏の一枚をごらん頂きましょう。

    ツァイスらしいがっしりとした描写、
    しかも、やさしい表情があって、あたたかい気持になれる。
    私にはそう思えるですが..............




b0226423_2231090.jpg

by Sha-sindbad | 2014-03-01 22:10 | Biogon35/3.5PW | Comments(2)
Commented by bisqueprince at 2014-03-04 01:01 x
嗚呼、sah-sindbadさんの、最後の文章、そのままの感想です。しかも、僕には、言葉さえ浮かびませんでした・・・。3月3日のお写真とはちょっと雰囲気が違いますが、魅力的であるのは変わりませんね^^

Commented by Sha-sindbad at 2014-03-04 19:00
bisqueprinceさん
忙しいのに、ありがとうございます。
私はこんな泥臭い写真が好きなのです。
そして、氷を撮るのも大好き。
氷を撮ると、レンズの良さが分かる、そんな感じさえしています。